2018年11月4日日曜日

コーディング

最近の車は電子化が進み、至る所をソフトで制御しています。愛車の場合、電球をLED化しただけで、チェック電流でワーニングが付いたり、微小電流で点滅したりといった具合です。

きっかけは、この副作用を治す目的で、オークションでコーディング用ENETケーブルとソフトウエアを入手しました。FシリーズからケーブルがENETになったのと、ソフトも変わっているので注意が必要です。  

ディーラーでも対応する所があるようですが、当然ながらオリジナルの状態に変更を加えるので、あまり推奨はしません。ショップに依頼すると1か所数千円~1万円程度の高額サービスになっているのでDIYで行っています。 

別記事の純正オプション追加のコーディングや、電球チェック電流キャンセル、欧州向けは標準になっているエンジェルアイ(通称イカリング)のデイライトON/OFF機能活性化、デフォルトでエコプロモード起動(オリジナルはコンフォートモード起動)等に利用しています。

その他も色々と設定することができます。 一時期、道交法でデイライトの基準が厳しくなり、あまり見かけなくなりましたが、最近緩和されたようで、最新型のモデルでは、点灯する仕様に変更になっています。元々、日中の事故防止のための機能ですので、規制緩和後に設定しました。

その他、コーディングで設定可能な代表的な機能
・イカリング照度変更 (ライトON時またはスモール点灯時)
・バック連動助手席ミラー下降角度調整 ・ドアロック時ミラークローズ時間調整
・ドアロックアンサーバック有効化 ・デジタルスピードメーター表示(インパネ)
・アイドリングストップ デフォルトオフ ・アイドリングストップ 前回設定を記憶
・GPS連動時刻補正 ・アクセルオン時サイドブレーキ自動解除
・エアコンOF状態を記憶(LCIモデルでは標準装備)
・ヘッドライトウオッチャー停止 ・ナビスタートアップアニメーション変更
・ドアオープン時ウィンドウワンタッチ閉有効化


ケーブルの接続は、車両側のOBDポートにコネクターを指して、PCのLANケーブル端子に接続します。 接続後、E-SYSというソフトを立ちあげて、車両と通信確立後、コーディングデータを車両から読み込み後、変更したいパラメーターを探して、変更後、車両側に書き込みます。 コーディング中に電源が落ちると不具合の原因になるので、バッテリー充電機で通電しています。エンジン掛けた状態でも良いのですが、ガレージに排ガスが充満するのと燃料が勿体ないので、そうしています。


iDriveの設定メニューでデイライトのON/OFFができる項目が表示されています。コーディング前は、この項目自体が表示されません。

スポンサーリンク

フォグライトLED化

オリジナルのフォグライトはコーナリングランプ兼用しているためか白色です。フォグライトは悪天候時の補助灯で黄色の方が視認性が良いので、レモンイエロー色のLEDに変更しました。

 LEDにしたのは、コーナリングランプとして点灯時にHIDやハロゲンに比べて、照度の立ち上がりが早い為です。 ちなみに道交法でヘッドライトは白色と決められていますが、補助灯のフォグライトは黄色でもよいようで、車検でも問題になったことは有りません

嫁の車に装着したハロゲンのイエローバルブも濃い黄色で、明るく視認性が良いです。当然ながら車検対応タイプです。

ご参考としてスポンサーリンクに貼り付けておきます。 このLEDはそれほど照度が高くなく、オリジナルバルブの電光源位置に合わせているので、程よい明るさで乱反射は有りません。もちろん悪天候時以外は使用しません。 また、高輝度タイプのバルブ後ろ側に大きなヒートシンク等がないので、取り付け部分にスペースがない車両でも問題なく装着可能です。


着色フィルム透過タイプではないですが、綺麗な黄色で、オリジナルランプのレンズカット通りの照射範囲を照らしてくれます。

関連記事

BMW X3 F25(CIC)トランクリッド運転席側ボタン閉機能のコーディング

BMW X3 F25(CIC)GPS連動時刻補正他のコーディング

BMW X3 F25(CIC)デフォルトECOPROモードのコーディング

BMW X3 F25(CIC)LED FOG交換とコーディング
BMW X3 F25(CIC) デイライト有効化のコーディング
bluetooth他DIY追加
ナビSSD化とAndroidナビ導入 

 

関連記事

bluetooth他DIY追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

BMW X3(F25)スピードセンサーをDIYで交換

先日、愛車のBMW X3(F25)で走行中、突然ブレーキシステムエラーのアラートが表示され、 左フロントスピードセンサーを清掃して様子見としましたが、 同じエラーが再発してしまい、スピードセンサーを交換 することにしました。 スピードセンサーは Amazonで3千円程度...