ラベル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2024年7月8日月曜日

【BMW X3 G01】AGMバッテリーをDIYで交換・レジストリ登録

嫁のVWポロ(6R)のユーザ車検も無事完了したので、愛車のBMW X3(G01)の納車整備時に電圧降下気味で様子見にしていたバッテリーをDIYで交換しました。 前オーナが純正のドライブレコーダで駐車監視を使用していた形跡があり、アイドリングストップ対応の大容量AGMバッテリーですが酷使されていた懸念がありました。 

CTEKの充電器でメンテナンス充電をしていたので、ISTAの診断でもバッテリー劣化のアラームは出なくなっていましたが、簡易バッテリーチェッカーで容量CCA950Aの半分以下と著しく低く表示されていました。 今年12月の5年目の車検まで様子見にする予定でしたが、これから夏の猛暑で消費電力の大きいエアコンを使用する機会が増えるので、半年前倒しで交換することにしました。
交換したバッテリーは「VARTA バッテリー 605-901-095 H15 AGM バルタ シルバーダイナミック 605901095 高性能 輸入車用バッテリー カーバッテリー アイドリングストップ車」です。 日本では聞きなれないメーカーですが、欧州車の純正バッテリーやボッシュにOEM供給していおり性能面でも評価の高い「VARTA」社のドイツ本国製造のものです。
 
スポンサーリンク
VARTA バッテリー 605-901-095 H15 AGM バルタ シルバーダイナミック 605901095 高性能 輸入車用バッテリー カーバッテリー アイドリングストップ車
価格はポイント利用で約35千円でした。ディーラーで純正品に交換すると10万円以上になると思われるので、DIYで交換するとコストは約1/3に抑えることができます。 また、円安に加え中東情勢で、ホルムズ海峡経由の輸送ルートから大西洋周りのルートに変更されているようで、更に値上がりする可能性があったのも半年前倒しで交換した理由です。

商品到着後、開封してバッテリーチェッカーで計測した所、電圧12.76V、CCA1070Aと定格以上の値で問題なさそうですが手持ちの充電器で補充電しておきました。 AGMバッテリーの補充電は電流を4A程度に抑えたほうが良いようですが、手持ちの充電器では2Aの次が6Aでしたので6Aで充電して2時間弱で充電終了となりました。 

補充電終了後の電圧13.34V、CCA1000Aで問題ないことを確認できたので、早速、車両の純正バッテリーと交換しました。 交換にあたり、念の為、手持ちのポータブル電源でエンジンルームの充電用端子に12Vの電力供給してメモリー保護をしておきました。 

また、交換作業をしやすくするため、リアフロアの板を持ち上げた状態で固定して、フロア下のカバーをめくり上げてリアフロアとの間に固定しておきました。また、バッテリー奥にある黒い発砲スチロールを外しておきます。 

いよいよ交換作業です。バッテリーを固定しているステーの3か所のトルクスネジを外して、バッテリーのマイナス端子、プラス端子の順に10mm六角ナットを緩めて端子をはずして、プラス端子はショートしないように絶縁しておきます。 

これでバッテリーを動かせる状態になるので、車体後方から見てバッテリーの左側に刺さっているガス抜き用のチューブを外してからバッテリーを車体前方にスライドするようにして持ち上げられる状態にします。 重さが約30Kgもあるので、腰を痛め無いように注意して、バッテリーを持ち上げて撤去します。

あとは新しいバッテリーを設置して、逆の手順で固定するだけです。 BMWの場合は、同容量のバッテリーに交換後、レジストリ登録作業が必要です。今回は「BimmerLink」でレジストリ登録しました。最近の車は細かな充電制御を行っているようなので、レジストリ登録した方が良さそうです。 因みに容量違いのバッテリーの場合は「BimmerCode」でバッテリー容量変更のコーディングが可能です。
 

【BMW X3 G01】AGMバッテリーをDIYで交換・レジストリ登録


関連記事

車のピアノブラックセンターピラーの線傷を機械研磨
車のアルミテープチューニングを施工してみた
車のしつこい異臭に脱臭対策グッズを試してみた
車のエアコンメンテナンスで吹き出し口温度が2℃以下も爆冷えに
BMWのブレーキパッドセンサー交換
BMW整備記録ソフト「HU SERVICE MANAGER」でiDriveにブレーキパッド交換履歴を記録
BMW iDrive6(NBTevo)スクリーンミラーリングの動作検証
BMWに追加したAUXのケーブルを「BELDEN/8412」に見直し
BMWでDAP音源を再生するためにAUXをDIYで追加
BMWコーディングで愛車が不動車に?
BMW X3(G01)にDPFクリーナー「スートル」を入れてみた
BMW X3(G01)のDPFクリーニングをDIYで施工
BMW純正ナビ2024年版の地図に更新
BMW X3(G01)冬タイヤ交換に合わせてブレーキフルードをDIYで交換
360度録画ドラレコと駐車監視用バッテリーをDIYで設置
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(センターコンソールLED追加編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(ドア内部配線・完成編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(動作確認・配線編)
BMW X3(G01)カスタム①キドニーグリル内丸見え問題の解消とドアミラーカバー交換
BMW G系コーデイング BimmerCode導入とE-SYSのバージョンアップ成功
G01 BMW X3 納車整備④日本語化に成功したISTAで車両チェック
G01 BMW X3 納車整備③純正ドラレコのファームウェア更新と駐車監視バッテリー接続
G01 BMW X3 納車整備①足回り点検と冬タイヤ適合確認
G01 BMW X3 納車整備①エンジンオイル交換
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰②(オーディオ関係他)
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰①(NBT→CIC)
BMW 12.3インチAndroidモニターのバージョンアップと機能紹介
BMW Androidナビの映像を後席モニターに出力!

2024年7月1日月曜日

【VW POLO(6R)】ユーザ車検3回目、一発合格!費用約45千円

嫁のVWポロ(6R)が車検時期になり、走行距離少なくどこも不具合はないので3回目のユーザ車検にトライしました。 2021年10月から「OBDの診断結果」の項目が追加され、今年の8月からヘッドライトの照度不足時のハイビームでの再検査が一部地域で廃止されるようです。 

この車両はヘッドライトユニットを純正HIDユニットに換装しているので照度不足はなく、ハイビームでの再検査はありませんでした。 車検直前に灯火類の点灯確認して、車検場近くのテスター屋さんで、光軸調整をしてから車検場に持込みました。費用は千五百円でした。 

ヘッドライト検査の件を確認した所、この地域では2年延期されたとのことでした。ハロゲン球の古い車両はロービームでは照度不足となり、大混乱を避けるためだと思いますが、このままなし崩しになる可能性もありそうです。 

「OBDの診断結果」の方も、対象車両以外は従来通りメーターパネルに警告灯が点灯していないことを確認すればOKのようです。 愛車のユーザ車検と合わせて5回目ですが、特に検査ラインは緊張します。結果は1回目であっさり合格しました。この車両は重量税が減免されている事もあり費用は約45千円で済みました。
また、2023年7月から検査証票の貼り付け位置が、運転席側上部で車両中心から可能な限り遠い位置に張り付けるよう変更されています。運転時に確認しやすくして、無車検運行の防止が目的のようで、その効果には疑問がありますが、法令なので、指定位置に張り付けました。

それと 車検証が新しくなりICチップ付の小さなサイズになりました。 以下のユーザ車検の内容は、前回までとほぼ同じ内容ですが変更箇所を赤字で記載しておりますのでご参考になれば幸いです。 

車検場で掛った費用 
・自賠責保険:17650円(前回20010円より若干安くなっていました) 
・重量税:  24600円(前回と同じ。印紙、省エネ認定車で減免あり) 
・検査登録:     500円(前回400円で+100円。印紙) 
・審査:     1700円(OBD検査改定の為、前回から証紙 1300円→1700円に値上がり)     合計: 44450円(前回46710円。▲2260円) 

用意する物 
事前に用意する書類は以下の4種類です。 
・自動車検査証 
・自動車税納税証明書(登録自動車は提示の省略が可能) 
・点検整備記録簿 
・自賠責保険(共済)証明書 

そして、ネットで管轄の車検場に車検予約(継続)をしておきます。 
 ※必要ないようですが、車両所有者が嫁名義なので念のため委任状を持っていきました。 

車検予約

自賠責保険 
車検場近くの行政書士の事務所等で自賠責保険の更新をします。 用意した書類を渡して「自賠責お願いします」と言うだけです。待ち時間も短く10分程度で終わりましたので車検前でも十分間に合います。 

車検受付 
車検場事務所のユーザ車検の受付け窓口で更新した自賠責保険と用意した書類を渡しで確認していただきます。 以下の書類を渡されますので、車検証などを見ながら記入して、再度窓口へ提出します。 
・自動車重量税納付書 
・継続検査申請書(3号様式) 
・自動車検査票 
・手数料納付書 

印紙、証紙を別の窓口で購入して再度窓口に提出します。重量税は印紙窓口で確認していただけます。 

検査 
ホイールボルト(ナット)の確認があるので、ホイールキャップ付きの場合はキャップを外しておきます。 いよいよ検査です。検査ラインに入る前に外観やライト類、ウオッツシャー液、ワイパー、ホーン等の検査があります。 係員の方の指示に従って操作して確認していきます。ボンネット開けての確認はありましたが、発煙筒の確認はありませんでした。 

・排気ガス検査  
 検査ラインに入ると始めに排気ガス検査です。ガソリン車の場合は自分で検査機器をマフラーの中に入れて暫らくすると検査モニターに検査結果が表示されます。 
 検査OKです。記録用紙を機械に入れて検査結果を印刷します。因みにディーゼル車の場合は係員の方が別の機器で確認します。 

・スピードメータ、ヘッドライト(光軸)、フットブレーキ、サイドブレーキ検査 
 係員の指示に従ってマルチ検査装置に車体を進めます。検査モニターの表示に従い操作して検査を受けます。 最初にアクセルを開けて、40kmで安定した所で渡されたボタンを押します。光軸は事前調整していますので、全てOKとなり、記録用紙に印刷します。 

・下回り、サイドスリップ検査 
 検査員が車体の下を確認するため、検査用の穴の開いた所に車体を進めます。モニターの指示に従い操作します。 サイドスリップ検査で車体を揺さぶられます。ここはあっという間に検査が終わりました。 
 検査終了後、検査票を記録用機器に入れて検査結果を印刷て出口近くの窓口に検査票と用意した書類全てを提出します。検査ラインに入ってから15分程度で検査終了です。 NGがあった場合はNGか所を車検場近くの整備工場で観ていただき再度検査になります。 
 検査費用は当日中のみ有効なので、 1日当たり4ラウンドありますので、当日中に再検査できるように早めの時間に予約した方が良いです。 車検終了 検査結果を記入された書類一式を受付に提出して、新し車検証とステッカーをいただき検査終了です。検査中に車検証を用意しているようでここでも待ち時間は殆どありませんでした。帰宅後、ステッカーを新ルールである車のフロントウインドウの右上に貼っておきました。めでたしめでたし。
 

【VW POLO(6R)】ユーザ車検3回目、一発合格!費用約45千円


関連記事

【VW POLO(6R)】サービスインターバルリセット、OBD診断と24か月点検
【VW POLO(6R)】エンジンオイル交換他24か月点検
【VW POLO(6R)】ブレーキフルード交換他、足回り24か月点検
撥水加工でもビビらない車のワイパーゴム交換他、梅雨入り準備
VWポロ(6R)アイドリングストップ機能のキャンセラーをDIYで装着
VWポロ(6R)12か月点検とサービスインターバルリセット
VWポロ(6R)梅雨入り準備(エアコンフィルター交換他)
VW POLO(6R)OBD検査改定後のユーザ車検一発合格!!費用46710円!
ユーザ車検前24ヵ月点検(ブレーキ鳴き防止とフルード交換)
ユーザ車検前24ヵ月点検(エンジンオイルの種類を変更してみた)
VW POLO(6R)梅雨入り準備(エアコンオイル補充、ワイパーゴム交換他)
VW ポロ(6R)HIDヘッドライトのキャパシタ交換
VW ポロ(6R)ブレーキランプが球切れしたのでDIYで交換
VWポロ(6R)ヘッドライト内部の結露対策
VWポロ(6R)アルミテープチューン続編
VWポロ(6R)DIYでエアフィルター交換ついでにアルミテープチューンをしてみた
VWポロ(6R)DIYで12ヵ月点検とエンジンオイル交換
VW POLO(6R)コスパ抜群の燃料添加剤(AZ FCR-062)を入れてみた
VW POLO(6R)ダッシュボードの超簡単ビビリ音対策
VW POLO(6R)のスタッドレスタイヤ摩耗チェック
VWポロ(6R)中古スタッドレスタイヤで雪道走行
10年落ちスタッドレスタイヤの硬度を測ってみた
VWポロ(6R)LEDスモールライト球切れアラームをDIYで解消
VWポロ(6R)HIDヘッドライト配線の見直し
VWポロ(6R)のHIDヘッドライトユニット換装
VWポロ(6R)後席用USB充電ポートを増設
VWポロ(6R)純正?アームレストをDIYで取付け
VWポロ(6R)オートライトをDIYで取付けてみた
VWポロ(6R)クルーズコントロールの配線とコーデイング
VWポロ(6R)クルーズコントロールをDIYで取付け
VWポロ(6R)ユーザ車検一発合格★費用48千円
VWポロ(6R)車検前点検整備⑤最終点検とサービスインターバルリセット
VWポロ(6R)車検前点検整備④エンジンルーム点検
VWポロ(6R)車検前点検整備③足廻り点検とブレーキフルード交換
VWポロ(6R)車検前点検整備②エンジンオイルを上抜き交換してみた
VWポロ(6R)車検前点検整備①エアコンフィルター交換他
VWポロ(6R)前後撮影ドラレコのリプレース
VWポロ(6R)リアライセンスランプLED交換他
VWポロ(6R)キーシリンダーのメンテナンス
ガソリン車6L対応ジャンプスターターの追加導入
VWポロ(6R)コーディング⑦ウインドウヒーターONでミラーヒータ連動
VWポロ(6R)コーディング⑥車速対応ワイパー
VWポロ(6R)コーディング⑤コンフォートターンシグナル
VWポロ(6R)コーディング④車速感応ロック
VWポロ(6R)コーディング③DRL(Daytime Running Light)
VWポロ(6R)コーディング②ニードルスイープ
VWポロ(6R)コーディング①球切チェック機能無効化(LED化対応)
VWポロ(6R)エアバックアラームのリセット
VWポロ(6R)エアコンクリーニング
エアコンクリーニングの仕上げ
VWポロ(6R)DIY12か月点検
VWポロ(6R)エンジンオイルDIY交換
梅雨入り前のカーメンテナンス②BMW X3(F25)
梅雨入り前のカーメンテナンス①VWポロ(6R)
散水器で純水(軟水)シャンプー洗車
純水(軟水)洗車
洗車用の簡易純水(軟水)器を導入してみた
洗車と簡易コーティング

2024年6月24日月曜日

【VW POLO(6R)】サービスインターバルリセット、OBD診断と24か月点検

嫁のVW POLO(6R)が今年7月に車検を迎えます。今回もユーザ車検にする予定ですので、24か月点検を少しずつ始めています。 前回は、エンジンルーム点検とオイル交換をしました。今回はメータークラスター中央に表示されているスパナマークのサービスインターバルリセットと残りの24か月点検です。

サービスインターバルリセット

 メータークラスター内の2つのボタン操作でリセットできます。ただし、この方法で行う場合はあくまで自己責任です。 

 ・イグニッションOFFの状態で右ボタンを押します。 
 ・右ボタンを押した状態でエンジンは始動せずにイグニッションONにします。 
 ・右ボタンを放すとメーター内にスパナマークが表示されリセットモードになります。 
 ・この状態で左ボタンを短く1回押すと「CBZ」と表示されリセット完了です。
   

OBD診断

次にOBD診断です。2021年10月から「OBDの診断結果」の項目が追加されていますので注意が必要です。 「OBDの診断結果」といっても、従来通りメーターパネルに警告灯が点灯していないことを確認すればOKのようですが、OBD診断を兼ねてVCDSでエラーコードの確認し、ワーニングエラーが何か所ありましたので消去しておきました。
   

残りの24か月点検

室内点検  
 異常があれば走行時に気づきます。全て問題なし。省略します。 

下廻り点検 
 (ブレーキフルード交換時に点検済)省略します。 

その他の点検(車検時チェック項目で結構重要) 

・ライト関係の点灯確認
 車検時に偶然球切れになるケースもまれにあるようで直前の点検です。 フォグライトとテール・ブレーキライト以外はLEDに交換しているので問題ないと思いますが念のため目視確認してOKです。
 ※今年8月にヘッドライトの検査が照度不足でハイビームで再検査を打ち切る自治体が多いようで、念のためヘッドライトクリーナで磨いておきました。 
 黄ばんでいないように見えて、コンパウンド入りクリーナで磨くとマイクロファイバークロスに黄色い汚れが付着していました。使用したクリーナをスポンサーリンクに貼っておきます。 
 ヘッドライトはHIDユニットに換装しており照度の問題はないと思いますが、念のため配線関係をチェックしておきました。 ヘッドライトユニットを何度か取外しているので、光軸調整を近所の整備工場にお願いする予定です。光軸調整のみですので料金は前回まで1500円でした。 

・ウインドウオッツシャー液とワイパーの点検
 これも必ずチェックされるので確認しておきます。 普段の運転で確認できる内容ですが点検OKです。ワイパーゴムは直前に交換しており、拭き残しや切れもなく問題なしです。 

・発煙筒
 前回のユーザ車検ではチェックされませんでしたが車検対応の電池式のものにしているので、 電池が切れていないか確認しました。普通の発煙筒は使用期限があるので期限が切れていないか確認しておきます。
 
スポンサーリンク
Surluster(シュアラスター) スプレー ヘッドライトクリーナー ゼロリバイブ S-104 黄ばみやくすみを除去 簡単施工 クロス付き

【VW POLO(6R)】サービスインターバルリセット、OBD検査と24か月点検


関連記事

【VW POLO(6R)】エンジンオイル交換他24か月点検
【VW POLO(6R)】ブレーキフルード交換他、足回り24か月点検
撥水加工でもビビらない車のワイパーゴム交換他、梅雨入り準備
VWポロ(6R)アイドリングストップ機能のキャンセラーをDIYで装着
VWポロ(6R)12か月点検とサービスインターバルリセット
VWポロ(6R)梅雨入り準備(エアコンフィルター交換他)
VW POLO(6R)OBD検査改定後のユーザ車検一発合格!!費用46710円!
ユーザ車検前24ヵ月点検(ブレーキ鳴き防止とフルード交換)
ユーザ車検前24ヵ月点検(エンジンオイルの種類を変更してみた)
VW POLO(6R)梅雨入り準備(エアコンオイル補充、ワイパーゴム交換他)
VW ポロ(6R)HIDヘッドライトのキャパシタ交換
VW ポロ(6R)ブレーキランプが球切れしたのでDIYで交換
VWポロ(6R)ヘッドライト内部の結露対策
VWポロ(6R)アルミテープチューン続編
VWポロ(6R)DIYでエアフィルター交換ついでにアルミテープチューンをしてみた
VWポロ(6R)DIYで12ヵ月点検とエンジンオイル交換
VW POLO(6R)コスパ抜群の燃料添加剤(AZ FCR-062)を入れてみた
VW POLO(6R)ダッシュボードの超簡単ビビリ音対策
VW POLO(6R)のスタッドレスタイヤ摩耗チェック
VWポロ(6R)中古スタッドレスタイヤで雪道走行
10年落ちスタッドレスタイヤの硬度を測ってみた
VWポロ(6R)LEDスモールライト球切れアラームをDIYで解消
VWポロ(6R)HIDヘッドライト配線の見直し
VWポロ(6R)のHIDヘッドライトユニット換装
VWポロ(6R)後席用USB充電ポートを増設
VWポロ(6R)純正?アームレストをDIYで取付け
VWポロ(6R)オートライトをDIYで取付けてみた
VWポロ(6R)クルーズコントロールの配線とコーデイング
VWポロ(6R)クルーズコントロールをDIYで取付け
VWポロ(6R)ユーザ車検一発合格★費用48千円
VWポロ(6R)車検前点検整備⑤最終点検とサービスインターバルリセット
VWポロ(6R)車検前点検整備④エンジンルーム点検
VWポロ(6R)車検前点検整備③足廻り点検とブレーキフルード交換
VWポロ(6R)車検前点検整備②エンジンオイルを上抜き交換してみた
VWポロ(6R)車検前点検整備①エアコンフィルター交換他
VWポロ(6R)前後撮影ドラレコのリプレース
VWポロ(6R)リアライセンスランプLED交換他
VWポロ(6R)キーシリンダーのメンテナンス
ガソリン車6L対応ジャンプスターターの追加導入
VWポロ(6R)コーディング⑦ウインドウヒーターONでミラーヒータ連動
VWポロ(6R)コーディング⑥車速対応ワイパー
VWポロ(6R)コーディング⑤コンフォートターンシグナル
VWポロ(6R)コーディング④車速感応ロック
VWポロ(6R)コーディング③DRL(Daytime Running Light)
VWポロ(6R)コーディング②ニードルスイープ
VWポロ(6R)コーディング①球切チェック機能無効化(LED化対応)
VWポロ(6R)エアバックアラームのリセット
VWポロ(6R)エアコンクリーニング
エアコンクリーニングの仕上げ
VWポロ(6R)DIY12か月点検
VWポロ(6R)エンジンオイルDIY交換
梅雨入り前のカーメンテナンス②BMW X3(F25)
梅雨入り前のカーメンテナンス①VWポロ(6R)
散水器で純水(軟水)シャンプー洗車
純水(軟水)洗車
洗車用の簡易純水(軟水)器を導入してみた
洗車と簡易コーティング

2024年6月18日火曜日

【VW POLO(6R)】エンジンオイル交換他24か月点検

嫁のVW POLO(6R)が今年7月に車検を迎えます。今回もユーザ車検にする予定ですので、24か月点検を少しずつ始めています。 前回は車検毎に交換しているブレーキフルードを交換して足回りの点検を行い、今回は、エンジンルーム点検とオイル交換です。エンジンオイルは前回と同じC3規格で、VW-504認定のSUNOCO製を使用しました。
使用したエンジンオイルは「SUNOCO エンジンオイル Svelt EURO C3 5W-30 SN 4L」というもので、VW-504の他、BMW-LL04にも対応しています。 VW-504やBMW-LL04認証のエンジンオイルは比較的高価で種類が少ないのですが、このエンジンオイルは両方認証で価格の比較的安価です。
 
スポンサーリンク
SUNOCO SVELT EURO C-3 スノコ スヴェルトユーロ C3 5W-30 4L
ここのところの原油高の影響で、エンジンオイルの価格も上がっているようで、以前は4Lで6千円以下でしたが、購入時は約7千円でした。 エンジンオイル種類を変更しませんのでフラッシング剤は使用せず、上抜き交換して、オイルフィルターも交換しました。 

上抜きでの注意点としては、オイルレベルゲージの長さ前後に吸い上げパイプを挿入することと、エンジンオイルキャップ、オイルフィルターを外して吸い上げ易くすることです。 上抜きで4L弱抜けましたので、オイルレベルゲージでも確認した通り、ほぼオイル漏れもないことが確認できました。 

古いオイルの排出が終われば、新油を注入してアイドリング後3分程度オイルが下がった状態でオイルレベルゲージで油量の確認をします。 オイルフィルター交換時は、丁度4LでMAXレベルの少し下でOKのようです。交換後の市街地走行で新油の効果でエンジンの回転が軽くなったような印象です。 

ボンネットを開けているので以下のエンジンルーム点検を合わせて行いました。冷却水タンクの液量も適正状態で水漏れもない状態でしたが、クーラントブースターを入れる分、タンクの冷却水を抜いて300mlのクーラントブースターを添加しておきました。 

車検前24ヵ月点検の点検結果は全て問題なしです。スパークプラグは白金製のため点検省略、ディストリビューターの接点に接点復活剤を、ゴムホースやラバー製の部品にラバープロテクタントを塗布しておきました。

エンジンルーム点検

・パワーステアリング    
 ベルトの緩み・損傷、他→対象外(電動パワステのためベルト無し) 
・点火装置  
 スパークプラグの状態、他→白金プラグの為、省略  
・バッテリ、電気配線  
 ターミナル部の緩み、腐食による接続不良→目視点検。異常無し  
 電気配線の接続部の緩み、損傷→目視点検。異常無し 
・エンジン  
 排気ガスの色→目視点検。異常無し  
 CO、HCの濃度→問題なしとしてチェック(車検NGの場合は対応)   
・エアクリーナ  
 エレメントの汚れ、詰まり、損傷→約2年前に交換済。目視点検。異常無し。清掃 
・冷却装置  
 ファンベルトの緩み、損傷→異常なし。  
 冷却水の漏れ→リザーバタンクのMAXレベルまでクーラントブースターを補給 
・燃料装置  
 燃料の漏れ→異常なし 
・公害散防止装置等  
 この点検項目は問題なしとしてチェック(車検NGの場合は対応) 
・排気ガスの状態  
 エキゾーストやターボ回りからの排気ガス漏れなし。  
 マフラーからの排気ガスも異常なし。 
・オイル漏れ  
 エンジン、ミッション回りの目視点検。異常なし
 

【VW POLO(6R)】エンジンオイル交換他24か月点検



関連記事

【VW POLO(6R)】ブレーキフルード交換他、足回り24か月点検
撥水加工でもビビらない車のワイパーゴム交換他、梅雨入り準備
VWポロ(6R)アイドリングストップ機能のキャンセラーをDIYで装着
VWポロ(6R)12か月点検とサービスインターバルリセット
VWポロ(6R)梅雨入り準備(エアコンフィルター交換他)
VW POLO(6R)OBD検査改定後のユーザ車検一発合格!!費用46710円!
ユーザ車検前24ヵ月点検(ブレーキ鳴き防止とフルード交換)
ユーザ車検前24ヵ月点検(エンジンオイルの種類を変更してみた)
VW POLO(6R)梅雨入り準備(エアコンオイル補充、ワイパーゴム交換他)
VW ポロ(6R)HIDヘッドライトのキャパシタ交換
VW ポロ(6R)ブレーキランプが球切れしたのでDIYで交換
VWポロ(6R)ヘッドライト内部の結露対策
VWポロ(6R)アルミテープチューン続編
VWポロ(6R)DIYでエアフィルター交換ついでにアルミテープチューンをしてみた
VWポロ(6R)DIYで12ヵ月点検とエンジンオイル交換
VW POLO(6R)コスパ抜群の燃料添加剤(AZ FCR-062)を入れてみた
VW POLO(6R)ダッシュボードの超簡単ビビリ音対策
VW POLO(6R)のスタッドレスタイヤ摩耗チェック
VWポロ(6R)中古スタッドレスタイヤで雪道走行
10年落ちスタッドレスタイヤの硬度を測ってみた
VWポロ(6R)LEDスモールライト球切れアラームをDIYで解消
VWポロ(6R)HIDヘッドライト配線の見直し
VWポロ(6R)のHIDヘッドライトユニット換装
VWポロ(6R)後席用USB充電ポートを増設
VWポロ(6R)純正?アームレストをDIYで取付け
VWポロ(6R)オートライトをDIYで取付けてみた
VWポロ(6R)クルーズコントロールの配線とコーデイング
VWポロ(6R)クルーズコントロールをDIYで取付け
VWポロ(6R)ユーザ車検一発合格★費用48千円
VWポロ(6R)車検前点検整備⑤最終点検とサービスインターバルリセット
VWポロ(6R)車検前点検整備④エンジンルーム点検
VWポロ(6R)車検前点検整備③足廻り点検とブレーキフルード交換
VWポロ(6R)車検前点検整備②エンジンオイルを上抜き交換してみた
VWポロ(6R)車検前点検整備①エアコンフィルター交換他
VWポロ(6R)前後撮影ドラレコのリプレース
VWポロ(6R)リアライセンスランプLED交換他
VWポロ(6R)キーシリンダーのメンテナンス
ガソリン車6L対応ジャンプスターターの追加導入
VWポロ(6R)コーディング⑦ウインドウヒーターONでミラーヒータ連動
VWポロ(6R)コーディング⑥車速対応ワイパー
VWポロ(6R)コーディング⑤コンフォートターンシグナル
VWポロ(6R)コーディング④車速感応ロック
VWポロ(6R)コーディング③DRL(Daytime Running Light)
VWポロ(6R)コーディング②ニードルスイープ
VWポロ(6R)コーディング①球切チェック機能無効化(LED化対応)
VWポロ(6R)エアバックアラームのリセット
VWポロ(6R)エアコンクリーニング
エアコンクリーニングの仕上げ
VWポロ(6R)DIY12か月点検
VWポロ(6R)エンジンオイルDIY交換
梅雨入り前のカーメンテナンス②BMW X3(F25)
梅雨入り前のカーメンテナンス①VWポロ(6R)
散水器で純水(軟水)シャンプー洗車
純水(軟水)洗車
洗車用の簡易純水(軟水)器を導入してみた
洗車と簡易コーティング

2024年6月11日火曜日

【VW POLO(6R)】ブレーキフルード交換他、足回り24か月点検

嫁のVWポロ(6R)の車検が近くなり、少しずつ24か月点検と合わせて定期メンテナンスを進めています。 前回、ワイパーゴムを交換しており、今回はブレーキフルード交換に合わせて足まわり点検を行いました。

ブレーキフルード交換


ブレーキフルードは吸湿性があり、2年毎の交換が推奨されており車検に合わせて交換
しています。 ブレーキフルード交換には、1人で交換作業が可能になるワンマンブリーダーを使用しています。 排出用チューブの途中にエア噛み防止用の逆流防止弁のついたものです。
 
スポンサーリンク
(STRAIGHT/ストレート) ブレーキブリーダーボトル 19-589
通常はブレーキを踏んでブレーキフルードを押し出す人と、排出したブレーキフルードを確認して排出口のナットを閉める人の2人作業になります。 ブレーキフルードは愛車のBMW X3(G01)のブレーキパッド交換時に使用したBMW純正のDOT4規格のものが余っていたものを使用しました。前回も同じブレーキフルードを使用しており問題なしです。 

ブレーキフルードの交換手順は以下の通りです。 
・リザーバータンクの古いブレーキフルードをMINレベル程度まで抜いておきます。 
・リザーバタンクに新しいブレードを入れておきます。 
※抜いたフルードは用意した小さめの廃油箱に入れて固めて処理しました。 
※ブレーキフルードは塗装を剥がすようなので、車体に付着しないように注意が必要です。
・ブリーダーキャップを外して11mmメガネレンチをセットしてワンマンブリーダーのチューブをセットします。 
・メガネレンチを半回転程緩めて、運転席に移動しブレーキを15回程度踏み込んで古いフルードを排出します。 
・パイプ内のフルードの色に注意して新しいフルード(透明に近い)が排出されてきたらバルブを閉めます。 
・4輪全て同じ作業を行い、最後にリザーバタンクの液量を調整します。 
・ブレーキを何度か踏んで交換前と同じ状態になればOKです。 
※踏みごたえが軽い場合はエアを噛んでいる可能性があるので交換作業(エア抜きも同じ手順)を繰り返します。

 

足回り24か月点検


タイヤを外しているので以下の足廻り点検を合わせて行いました。車検で下回りのブーツ破れや接合部の緩みを診られますが全て問題なしです。 ついでにエアガンで掃除してからブッシュやドライブシャフトブーツなどのゴム部品に経年劣化防止のためラバープロテクタントを塗布しておきました。 

24か月点検の足廻り点検項目 
・かじ取り車輪
 ホイールアライメント→走行時、直進性に問題なく問題なしとしてチェック(車検NGの場合は対応) 
・ショック・アブソーバー 
 損傷、オイルの漏れ→目視点検。異常無し 
・サスペンション
 取付部、連結部の緩み、がた、損傷→異常無し 
・ブレーキ・ディスク、ドラム 
 ディスクとパッドのすき間、他→目視点検問題なし。 
・ブレーキのマスタ・シリンダ、ホイール・シリンダ、ディスク、キャリパ 
 マスタ・シリンダの液漏れ、他→目視点検問題なし。 
・ホイール  タイヤの空気圧→タイヤ脱着時に調整済。 
 タイヤの亀裂、損傷  タイヤの溝、異常な摩耗→目視点検問題なし。 
 ナット・ボルトの緩み→タイヤ脱着時にトルクレンチで確認済。 
 フロント・ホイール・ベアリングのがた→異常なし。 
 リヤ・ホイール・ベアリングのがた→異常なし。

【VW POLO(6R)】ブレーキフルード交換他、足回り24か月点検



関連記事

撥水加工でもビビらない車のワイパーゴム交換他、梅雨入り準備
VWポロ(6R)アイドリングストップ機能のキャンセラーをDIYで装着
VWポロ(6R)12か月点検とサービスインターバルリセット
VWポロ(6R)梅雨入り準備(エアコンフィルター交換他)
VW POLO(6R)OBD検査改定後のユーザ車検一発合格!!費用46710円!
ユーザ車検前24ヵ月点検(ブレーキ鳴き防止とフルード交換)
ユーザ車検前24ヵ月点検(エンジンオイルの種類を変更してみた)
VW POLO(6R)梅雨入り準備(エアコンオイル補充、ワイパーゴム交換他)
VW ポロ(6R)HIDヘッドライトのキャパシタ交換
VW ポロ(6R)ブレーキランプが球切れしたのでDIYで交換
VWポロ(6R)ヘッドライト内部の結露対策
VWポロ(6R)アルミテープチューン続編
VWポロ(6R)DIYでエアフィルター交換ついでにアルミテープチューンをしてみた
VWポロ(6R)DIYで12ヵ月点検とエンジンオイル交換
VW POLO(6R)コスパ抜群の燃料添加剤(AZ FCR-062)を入れてみた
VW POLO(6R)ダッシュボードの超簡単ビビリ音対策
VW POLO(6R)のスタッドレスタイヤ摩耗チェック
VWポロ(6R)中古スタッドレスタイヤで雪道走行
10年落ちスタッドレスタイヤの硬度を測ってみた
VWポロ(6R)LEDスモールライト球切れアラームをDIYで解消
VWポロ(6R)HIDヘッドライト配線の見直し
VWポロ(6R)のHIDヘッドライトユニット換装
VWポロ(6R)後席用USB充電ポートを増設
VWポロ(6R)純正?アームレストをDIYで取付け
VWポロ(6R)オートライトをDIYで取付けてみた
VWポロ(6R)クルーズコントロールの配線とコーデイング
VWポロ(6R)クルーズコントロールをDIYで取付け
VWポロ(6R)ユーザ車検一発合格★費用48千円
VWポロ(6R)車検前点検整備⑤最終点検とサービスインターバルリセット
VWポロ(6R)車検前点検整備④エンジンルーム点検
VWポロ(6R)車検前点検整備③足廻り点検とブレーキフルード交換
VWポロ(6R)車検前点検整備②エンジンオイルを上抜き交換してみた
VWポロ(6R)車検前点検整備①エアコンフィルター交換他
VWポロ(6R)前後撮影ドラレコのリプレース
VWポロ(6R)リアライセンスランプLED交換他
VWポロ(6R)キーシリンダーのメンテナンス
ガソリン車6L対応ジャンプスターターの追加導入
VWポロ(6R)コーディング⑦ウインドウヒーターONでミラーヒータ連動
VWポロ(6R)コーディング⑥車速対応ワイパー
VWポロ(6R)コーディング⑤コンフォートターンシグナル
VWポロ(6R)コーディング④車速感応ロック
VWポロ(6R)コーディング③DRL(Daytime Running Light)
VWポロ(6R)コーディング②ニードルスイープ
VWポロ(6R)コーディング①球切チェック機能無効化(LED化対応)
VWポロ(6R)エアバックアラームのリセット
VWポロ(6R)エアコンクリーニング
エアコンクリーニングの仕上げ
VWポロ(6R)DIY12か月点検
VWポロ(6R)エンジンオイルDIY交換
梅雨入り前のカーメンテナンス②BMW X3(F25)
梅雨入り前のカーメンテナンス①VWポロ(6R)
散水器で純水(軟水)シャンプー洗車
純水(軟水)洗車
洗車用の簡易純水(軟水)器を導入してみた
洗車と簡易コーティング

2024年6月7日金曜日

撥水加工でもビビらない車のワイパーゴム交換他、梅雨入り準備

線状降水帯の大雨の後、雨天が間欠の状況で関東の梅雨入りは遅くなりそうですが、毎年、6月に車の梅雨入り準備をしており嫁のVWポロ(6R)から準備をしました。 

梅雨といえば、雨の中の視界確保が最重要となり、車検も近く、2年間使用したワイパーゴムの交換とフロントガラスの撥水加工、及びウオッシャー液の補充を行いました。

ワイパーゴムの交換


フロントガラスに撥水加工をしており、純正のワイパーゴムを使用するとワイパー動作時にビビるので、PIAAの「ワイパー 替えゴム 700mm 超強力シリコート 特殊シリコンゴム 2本入 呼番83W SUW70E」を愛用
しています。 

ワイパーゴムの断面形状は多くの種類があり、合わないとワイパーブレードに固定できないので、車種や年式で適合するかの事前確認が必要です。 

VWポロ(6R)のワイパーはコンシールドタイプになっており、ステアリングの右レバーを下に長押しした状態でキーシリンダーをACCから一段階手前に回し、メンテナンスポジションに移動します。 

ワイパーブレード中央の四角状のボタンを押しながら下側に押すようにしてワイパーブレードを外して両端を止めているプラスチックの部品をドライバーでゴム側に押しながら外してワイパーゴムを引き抜きます。 

新しいワイパーゴムを抜き取ったワイパーゴムと同じ長さに切断して、ワイパーブレードに差し込んで、プラスチックの止め部品で固定し、ワイパーブレードを元に戻すだけです。 

助手席側のワイパーゴムは短いので、余ったワイパーゴムでリヤのワイパーゴムも交換できます。リヤワイパーはプラスチックの止め部品の爪が破損しやすいので注意が必要です。
 
スポンサーリンク
PIAA ワイパー 替えゴム 700mm 超強力シリコート 特殊シリコンゴム 2本入 呼番83W SUW70E

フロントガラスの撥水加工とウオッシャー液の補充


フロントガラスの撥水加工は愛用しているレインXを塗り込んで、15分程経過後に水で固く絞ったマイクロファイバークロスで拭き上げるだけ
です。 ウオッシャー液が減っていたので、レインXの補修効果があるウオッシャー液を入れておきました。

希釈済のウオッシャー液は何故か販売されていなく、濃縮タイプのものを水で薄めて使用しました。 内窓は、拭き染みが残り難い無水アルコールをウエスに染み込ませて、拭き上げるだけです。結露予防剤はべたついて汚れが付着しやすくなるようで使用を止めました。 

最後に洗車して、拭き上げ前に愛用しているシュアラスターの撥水系ゼロドロップをマイクロファイバークロスに吹きかけてボデーのコーデングをしておきました。 窓のふき取りはレインXの補修効果のあるクリーナを使用しています。
 
スポンサーリンク
レイン・X(rain X) ウォッシャーフルード・アダティブ 500ml

PIAA ワイパー 替えゴム(出展:Amazon)

PIAA 雨用ワイパーブレード ― 超強力シリコート【替えゴム】 品番:SUW70E 呼番:83W 長さ:700mm 
【超撥水】わずか5分作動させるだけで雨を弾く、超強力シリコートワイパー用替えゴム。 ゴムは撥水機能を持つ最高品質のシリコンゴムを採用。 シリコンゴムにはPIAA独自のシリコンオイルを配合。これによりわずか5分で撥水被膜の形成を可能としています。 ガラスに撥水コーティングをされている車でも使用可能。 撥水効果は使い続ける事で撥水被膜を再度成型するので、安全な視界を確保出来ます。 
[注意] ワイパー及び替えゴムをご購入の際は、必ず適用表をご確認の上、適切な製品をお選びください。
 

撥水加工でもビビらない車のワイパーゴム交換他、梅雨入り準備



関連記事

VWポロ(6R)アイドリングストップ機能のキャンセラーをDIYで装着
VWポロ(6R)12か月点検とサービスインターバルリセット
VWポロ(6R)梅雨入り準備(エアコンフィルター交換他)
VW POLO(6R)OBD検査改定後のユーザ車検一発合格!!費用46710円!
ユーザ車検前24ヵ月点検(ブレーキ鳴き防止とフルード交換)
ユーザ車検前24ヵ月点検(エンジンオイルの種類を変更してみた)
VW POLO(6R)梅雨入り準備(エアコンオイル補充、ワイパーゴム交換他)
VW ポロ(6R)HIDヘッドライトのキャパシタ交換
VW ポロ(6R)ブレーキランプが球切れしたのでDIYで交換
VWポロ(6R)ヘッドライト内部の結露対策
VWポロ(6R)アルミテープチューン続編
VWポロ(6R)DIYでエアフィルター交換ついでにアルミテープチューンをしてみた
VWポロ(6R)DIYで12ヵ月点検とエンジンオイル交換
VW POLO(6R)コスパ抜群の燃料添加剤(AZ FCR-062)を入れてみた
VW POLO(6R)ダッシュボードの超簡単ビビリ音対策
VW POLO(6R)のスタッドレスタイヤ摩耗チェック
VWポロ(6R)中古スタッドレスタイヤで雪道走行
10年落ちスタッドレスタイヤの硬度を測ってみた
VWポロ(6R)LEDスモールライト球切れアラームをDIYで解消
VWポロ(6R)HIDヘッドライト配線の見直し
VWポロ(6R)のHIDヘッドライトユニット換装
VWポロ(6R)後席用USB充電ポートを増設
VWポロ(6R)純正?アームレストをDIYで取付け
VWポロ(6R)オートライトをDIYで取付けてみた
VWポロ(6R)クルーズコントロールの配線とコーデイング
VWポロ(6R)クルーズコントロールをDIYで取付け
VWポロ(6R)ユーザ車検一発合格★費用48千円
VWポロ(6R)車検前点検整備⑤最終点検とサービスインターバルリセット
VWポロ(6R)車検前点検整備④エンジンルーム点検
VWポロ(6R)車検前点検整備③足廻り点検とブレーキフルード交換
VWポロ(6R)車検前点検整備②エンジンオイルを上抜き交換してみた
VWポロ(6R)車検前点検整備①エアコンフィルター交換他
VWポロ(6R)前後撮影ドラレコのリプレース
VWポロ(6R)リアライセンスランプLED交換他
VWポロ(6R)キーシリンダーのメンテナンス
ガソリン車6L対応ジャンプスターターの追加導入
VWポロ(6R)コーディング⑦ウインドウヒーターONでミラーヒータ連動
VWポロ(6R)コーディング⑥車速対応ワイパー
VWポロ(6R)コーディング⑤コンフォートターンシグナル
VWポロ(6R)コーディング④車速感応ロック
VWポロ(6R)コーディング③DRL(Daytime Running Light)
VWポロ(6R)コーディング②ニードルスイープ
VWポロ(6R)コーディング①球切チェック機能無効化(LED化対応)
VWポロ(6R)エアバックアラームのリセット
VWポロ(6R)エアコンクリーニング
エアコンクリーニングの仕上げ
VWポロ(6R)DIY12か月点検
VWポロ(6R)エンジンオイルDIY交換
梅雨入り前のカーメンテナンス②BMW X3(F25)
梅雨入り前のカーメンテナンス①VWポロ(6R)
散水器で純水(軟水)シャンプー洗車
純水(軟水)洗車
洗車用の簡易純水(軟水)器を導入してみた
洗車と簡易コーティング

2024年5月28日火曜日

車のピアノブラックセンターピラーの線傷を機械研磨(ほとんど気にならないレベルになりました)

以前に愛車のBMW X3(G01)のピアノブラックセンターピラーの線傷を各種コンパウンドを使い手磨きして、ある程度目立たないレベルにすることができました。 ただし、外の太陽光では目立たない線傷もガレージの蛍光灯では、まだ残っている線傷の乱反射で白くぼやけて見える状態でした。 

そんな中、同型車両のプロによるコーティング動画の下地処理でセンターピラーも電動ポリッシャーで磨いているのを観て、手持ちの電動ドリルに研磨スポンジを付けて磨いてみることにしました。 センターピラーの外装材は恐らく樹脂製のパネルと思われ、機械磨きは躊躇していたのですが、研磨力の弱いボディーの下地処理用の研磨剤を使用しました。 

使用した研磨剤は、前回の手磨きでも結果の良かったシュアラスターの「スピリットクリーナー ダーク 水アカ除去 小傷消し コンパウンド 濃色車用 S-127」というものです。 ダークカラー用なので、研磨力もホワイト用より、弱くなっていると思われます。ただし、あくまでもボデー用なのでセンターピラーに使用するのは自己責任になります。
周囲の窓ガラスに研磨剤が付着しないように、マスキングテープで養生してから、少量の研磨剤をスポンジに付けて電動ドリルの回転数を抑え気味にして磨いてみました。 最初は少量の研磨剤でも研磨面積が小さいので、滑りすぎる感じでしたが暫く研磨して研磨剤が少なくなると滑りが少なくなり研磨している感触が伝わりました。 

スポンジの研磨面を観ると、薄っすらと黒色になっており研磨できている反面、表面のクリア層を削り落としている恐れがありますが線傷は殆ど気にならないレベルになりました。 ただし、深めの傷は残っており、あまり深追いすると下地が出てくる恐れがあるので深追いは禁物です。クリア層の線傷を落とすという意味では、かなり効果があったと思います。

研磨後、削り落としたクリア層の代わりに手持ちの9H硬度のガラスコーティング剤を施工しておきました。ムラにならないようにマイクロファイバークロスで拭き上げます。 拭き上げの際、ある程度硬化していないと、コーデイング剤が殆ど残らないので、ドライヤーである程度強制硬化させてから軽く吹き上げました。 

車種によってセンターピラーの材質やピアノブラックの塗装剤も違うと思われるので、この方法で必ずうまく行くとは限りませんので、同様の施工を行う場合は自己責任でお願いします。

 

使用した研磨剤の製品説明(出展:Amazon)

商品紹介 
 自動車用 コンパウンド入り ブラック/ダークカラー車用 対応色例 ブラック、グレー、ブルー、レッド、オレンジ、グリーン、イエロー ※ソリッド、メタリック、パール、マイカ対応 
・水アカや頑固な汚れをスッキリ落とす。 
・超微粒子特殊研磨成分配合で、ボディに優しい。 
・研磨剤&シリコーンで、キズ消し&キズ埋め効果。 
・ワックスの下地処理に最適。 火気厳禁 第四類第二種石油類 危険等級III 非水溶性 

使用上の注意 
※使用前に車の塗装塗色への適応性をご確認ください。 
1.カーシャンプー等で洗車後、水滴を拭き取ります。 
2.キャップを閉めたままボトルを振り、付属のスポンジに液剤を適量乗せます。 
3.30cm四方を目安に施工面へ液剤を塗り伸ばし、スポンジを押し付けながら縦横に磨いていきます。 
4.液剤が乾き始めたら、速やかにきれいなクロス等で拭き残しのないように拭き上げます。 
※拭き残しが出た場合は、再施工後に拭き上げます。 
●拭き上げにはシュアラスター マイクロファイバークロスをお勧めします。
 
スポンサーリンク
Surluster(シュアラスター) 洗車 スピリットクリーナー ダーク 水アカ除去 小傷消し コンパウンド 濃色車用 S-127

車のピアノブラックセンターピラーの線傷を機械研磨


関連記事

車のアルミテープチューニングを施工してみた
車のしつこい異臭に脱臭対策グッズを試してみた
車のエアコンメンテナンスで吹き出し口温度が2℃以下も爆冷えに
BMWのブレーキパッドセンサー交換
BMW整備記録ソフト「HU SERVICE MANAGER」でiDriveにブレーキパッド交換履歴を記録
BMW iDrive6(NBTevo)スクリーンミラーリングの動作検証
BMWに追加したAUXのケーブルを「BELDEN/8412」に見直し
BMWでDAP音源を再生するためにAUXをDIYで追加
BMWコーディングで愛車が不動車に?
BMW X3(G01)にDPFクリーナー「スートル」を入れてみた
BMW X3(G01)のDPFクリーニングをDIYで施工
BMW純正ナビ2024年版の地図に更新
BMW X3(G01)冬タイヤ交換に合わせてブレーキフルードをDIYで交換
360度録画ドラレコと駐車監視用バッテリーをDIYで設置
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(センターコンソールLED追加編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(ドア内部配線・完成編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(動作確認・配線編)
BMW X3(G01)カスタム①キドニーグリル内丸見え問題の解消とドアミラーカバー交換
BMW G系コーデイング BimmerCode導入とE-SYSのバージョンアップ成功
G01 BMW X3 納車整備④日本語化に成功したISTAで車両チェック
G01 BMW X3 納車整備③純正ドラレコのファームウェア更新と駐車監視バッテリー接続
G01 BMW X3 納車整備①足回り点検と冬タイヤ適合確認
G01 BMW X3 納車整備①エンジンオイル交換
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰②(オーディオ関係他)
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰①(NBT→CIC)
BMW 12.3インチAndroidモニターのバージョンアップと機能紹介
BMW Androidナビの映像を後席モニターに出力!

2024年5月16日木曜日

車のしつこい異臭に脱臭対策グッズを試してみた

先日、愛車のBMW X3(G01)のエアコンメンテナンスで、エアコンフィルター交換、エアコンオイル注入、エバポレータークリーニングを行いました。 全てのメンテナンス施工後、エアコンMAX状態で吹き出し口の温度を測った所、2度以下まで下がっており寒い位になりました。エアコンクリーナの匂いなどが噴出してくることもなく、快適にエアコンを使用することが出来そうです。 

エバポレータークリーニングでカビなどの異臭の元は落とせていると思われますが、ついでに、エアコンフィルターに挟み込む抗菌脱臭剤を試してみました。 使用したのは国産ディーラーでも推奨している所があると言われているValeoの「消臭抗菌剤 わさびデェール 1個入 カーエアコン用消臭抗菌剤 VCC04624 グリーン」というものです。 

エアコンフィルターにクリップ止めするだけで、合成したわさびの抗菌成分をエアコン内に拡散させ、発生した微生物の働きを抑える効果があるというものです。 これで、エアコン内部の脱臭対策は大丈夫だと思いますが、車内にこびりついた匂いの対策をいくつか試してみました。
昨年秋の納車時に前オーナーが使用していた整髪料と思われる匂いが残っており、そのうち気にならなくなると思っていたのですが、半年以上経過しても変わりませんでした。 手持ちのアロマディフューザーで匂いを変えられないか試してみてもダメで、浸透タイプの使い切り無香の噴射式脱臭剤をエアコンフィルター交換前に試してみました。 

使用したのはカーメイトの「車用 除菌消臭剤 ドクターデオ Dr.DEO プレミアム スチーム 浸透タイプ」というもので、ミニバン/大型車用を施工してみました。施工といっても、使用前に窓を全て閉めて、製品箱の底面のミシン目をはがし、缶のPUSHボタンを強く押し込んで、車内のフロアに置いて、スチームが発生したらドアを閉めて6時間以上放置するだけです。 

施工後、シートと内装材もクリーナ入りのクロスで掃除して、3日程度は匂いが殆ど気にならなくなり脱臭成功したと思ったのですが、1週間程経過すると和らいだ気がするものの元の匂いがするようになってしまいました。 

匂いは床に降りて定着するようなので、フロアマットを水洗いしてシート下に設置する消臭剤を試してみることにしました。 使用したのは、エステーの「クルマの消臭力 シート下専用 車用 無香料 300g 車 消臭剤 芳香剤 K-61」の香りでごまかさない無香料タイプのものです。  

Amazonで1個500円以下と手ごろな価格でしたので、2個購入して運転席と助手席の下に設置してみました。効果確認はこれからですが、タバコ臭にも効くようなので期待できそうです。
 

車のしつこい異臭に脱臭対策グッズを試してみた


関連記事

車のエアコンメンテナンスで吹き出し口温度が2℃以下も爆冷えに
BMWのブレーキパッドセンサー交換
BMW整備記録ソフト「HU SERVICE MANAGER」でiDriveにブレーキパッド交換履歴を記録
BMW iDrive6(NBTevo)スクリーンミラーリングの動作検証
BMWに追加したAUXのケーブルを「BELDEN/8412」に見直し
BMWでDAP音源を再生するためにAUXをDIYで追加
BMWコーディングで愛車が不動車に?
BMW X3(G01)にDPFクリーナー「スートル」を入れてみた
BMW X3(G01)のDPFクリーニングをDIYで施工
BMW純正ナビ2024年版の地図に更新
BMW X3(G01)冬タイヤ交換に合わせてブレーキフルードをDIYで交換
360度録画ドラレコと駐車監視用バッテリーをDIYで設置
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(センターコンソールLED追加編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(ドア内部配線・完成編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(動作確認・配線編)
BMW X3(G01)カスタム①キドニーグリル内丸見え問題の解消とドアミラーカバー交換
BMW G系コーデイング BimmerCode導入とE-SYSのバージョンアップ成功
G01 BMW X3 納車整備④日本語化に成功したISTAで車両チェック
G01 BMW X3 納車整備③純正ドラレコのファームウェア更新と駐車監視バッテリー接続
G01 BMW X3 納車整備①足回り点検と冬タイヤ適合確認
G01 BMW X3 納車整備①エンジンオイル交換
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰②(オーディオ関係他)
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰①(NBT→CIC)
BMW 12.3インチAndroidモニターのバージョンアップと機能紹介
BMW Androidナビの映像を後席モニターに出力!
スポンサーリンク



2024年5月9日木曜日

車のエアコンメンテナンスで吹き出し口温度が2℃以下も爆冷えに

ゴールデンウイークもあっという間に終わり、そろそろ車のエアコンを使用する機会が多くなるシーズンになりました。 昨年秋に納車された、愛車のBMW X3(G01)のエアコンフィルターは2年以上前に交換された履歴があり、交換タイミングでしたので、ついでにエアコンオイル注入、エバポレータークリーニングのメンテナンスを行いました。

①エアコンオイル注入

  まずは、エアコンオイル注入ですが、使用したのは定番のワコーズ「パワーエアコン プラス」です。注入用のホースは手持ちのものを使用しました。施工手順は以下の通りです。 
・エアコンオイル缶のガスが漏れないように蝶ネジを緩めた状態のガスホースにネジ込んみます。 
 ・車体の低圧側バルブのキャップを外してガスホースに接続します。 
 ・オイル缶を少し緩めてガスホース内のエア抜きを行います。プシュと音がしたらすぐにオイル缶を締め込みます。 
 ・ガスホースの蝶ネジを締め込んでオイル缶に穴を開けてから、蝶ネジを緩めてオイル缶のガスが出る状態にします。 
 ・エアコンをMAX状態で運転して、オイル缶のガスを車体側に注入します・手で握って振ると注入が早くなるようです。 
 ・缶の冷気が手に伝わらなくなるので、注入完了したことが分かります。後は低圧側バルブからガスホースを取外してキャップを閉めて終了です。 

②エバポレータクリーニング

  次に、エバポレータクリーニングです。車用のクリーナも販売されていますが、価格が3千円以上と高いので家庭用エアコンクリーナの無臭タイプを使用しました。車への使用はしないよう注意書きがありますので、自己責任ですが前車でも何度か使用して問題なかったです。施工手順は以下の通りです。 
・助手席足元カバーの2か所の蝶ネジ状のものを回して取り外します。 
・エアコンクリーナの蓋を留めている2本のT20トルクスネジを外して蓋を外します。 
・エアコンフィルターを抜き取ります。 
・エアコンMAX状態でエアコンクリーナーを外したエアコンフィルターの奥からブロワーファンの方向に角度を変えながら注入していきます。 
・注入後しばらくドアを開けてエアコンMAX状態で運転して結露水でクリーナを洗い流しながら換気します。 

③エアコンフィルター交換

 エバポレータクリーニングで外したエアコンフィルターを新品に交換して蓋と足元カバーを元に戻して交換終了です。この車両のエアコンフィルターは1か所の角が斜めになっていて、交換時の装着方向を間違えることが無いようになっています。  

  交換後、「HU SERVICE MANAGER」でエアコンフィルターの交換履歴をiDriveに記録しておきました。 全てのメンテナンス施工後、エアコンMAX状態で吹き出し口の温度を測った所、2度以下まで下がっており寒い位になりました。エアコンクリーナの匂いなどが噴出してくることもなく、快適にエアコンを使用することが出来そうです。
 

車のエアコンメンテナンスで吹き出し口温度が2℃以下も爆冷えに


関連記事

BMWのブレーキパッドセンサー交換
BMW整備記録ソフト「HU SERVICE MANAGER」でiDriveにブレーキパッド交換履歴を記録
BMW iDrive6(NBTevo)スクリーンミラーリングの動作検証
BMWに追加したAUXのケーブルを「BELDEN/8412」に見直し
BMWでDAP音源を再生するためにAUXをDIYで追加
BMWコーディングで愛車が不動車に?
BMW X3(G01)にDPFクリーナー「スートル」を入れてみた
BMW X3(G01)のDPFクリーニングをDIYで施工
BMW純正ナビ2024年版の地図に更新
BMW X3(G01)冬タイヤ交換に合わせてブレーキフルードをDIYで交換
360度録画ドラレコと駐車監視用バッテリーをDIYで設置
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(センターコンソールLED追加編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(ドア内部配線・完成編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(動作確認・配線編)
BMW X3(G01)カスタム①キドニーグリル内丸見え問題の解消とドアミラーカバー交換
BMW G系コーデイング BimmerCode導入とE-SYSのバージョンアップ成功
G01 BMW X3 納車整備④日本語化に成功したISTAで車両チェック
G01 BMW X3 納車整備③純正ドラレコのファームウェア更新と駐車監視バッテリー接続
G01 BMW X3 納車整備①足回り点検と冬タイヤ適合確認
G01 BMW X3 納車整備①エンジンオイル交換
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰②(オーディオ関係他)
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰①(NBT→CIC)
BMW 12.3インチAndroidモニターのバージョンアップと機能紹介
BMW Androidナビの映像を後席モニターに出力!
スポンサーリンク



【BMW X3 G01】バッテリー充電端子にアーシングしてみた

先日、愛車のBMW X3(G01)の AGMバッテリーをDIYで交換しました。交換後に車載状態でエンジンルームの充電端子にバッテリーチェッカーを接続して計測すると、CCAが定格の半分程度と交換前と殆ど変わりません でした。 試しに バッテリー端子に直接接続するとCCA900A程度...