2024年5月2日木曜日

BMWのブレーキパッドセンサー交換

先日、愛車のBMW X3(G01)の夏タイヤへ交換時に前後の純正ブレーキパッドをダスト低減タイプのDIXCEL Premiumタイプに交換しました。 リヤのブレーキパッド交換時にブレーキパッドセンサーを断線させてしまい、応急で手持ちの前車のF25のブレーキパッドセンサーで代用しておきました。 

一応、車両側で認識したようで、エラーも出ていない状態でしたが長さや固定用ゴムの位置が異なり、脱落しないようにタイラップで固定していました。 ブレーキパッドセンサーは、ブレーキパッドが摩耗して先端がブレーキディスクで摩耗することで、流れている電流が遮断されることで、摩耗限界を検知する仕組みです。 

ブレーキパッドセンサーの機能上は問題ないのですが、気持ちが悪いのでG01用のブレーキパッドセンサーに交換することにしました。 購入した社外品のブレーキパッドセンサーが到着したので、長さや固定用ゴムの位置を確認しましたが、純正品と変わらず問題なさそうです。
ブレーキパッドセンサーにアクセスするために、右リヤタイヤを取り外してブレーキキャリパーの穴からピックツールを利用して、ブレーキパッドセンサーを取り外します。 ブレーキパッドセンサーの車体側コネクターを外して、固定していたタイラップを切断して仮設置していたF25用のブレーキパッドセンサーを取り外しました。 

あとは、新しいブレーキパッドセンサーを取り外しと逆の手順で取り付けるだけです。コネクターはBOX状の容器にスピードセンサーのコネクターと一緒に格納されており、2か所の爪を外して蓋を開けて取り出します。 F25用のブレーキパッドセンサーのコネクターの中を良くみると、少し形状が異なっており結合時になかなか嵌らず、抉るようにして結合していたのですが、交換するとスムースに結合できました。 

注意点としては、目視で分かりますが、ブレーキパッドセンサーを付ける部分のブレーキパッドの形状が異なる2種類のブレーキパッドが入っており、センサーを奥までしっかり固定できる方に装着することです。 元々、奥側のブレーキパッドにブレーキパッドセンサーが固定されているので、同様に奥側に固定しました。ブレーキパッドの摩耗具合を目視で点検しにくい奥側にセンサーを付けているのだと思います。 

当たり前ですが、3か所の固定用ゴムの位置も問題なくしっかりと固定できました。これで走行時の振動などでコードが脱落して摺動部に接触するなどして破断するすることもなさそうです。 これで、ブレーキパッド交換作業はすべて完了です。交換後、100Km程度走行していますが、制動力も純正と比べて遜色なく、ブレーキ鳴きもありません。ブレーキダストはもう少し走行しての様子を観ることになります。

BMWのブレーキパッドセンサー交換


関連記事

BMW整備記録ソフト「HU SERVICE MANAGER」でiDriveにブレーキパッド交換履歴を記録
BMW iDrive6(NBTevo)スクリーンミラーリングの動作検証
BMWに追加したAUXのケーブルを「BELDEN/8412」に見直し
BMWでDAP音源を再生するためにAUXをDIYで追加
BMWコーディングで愛車が不動車に?
BMW X3(G01)にDPFクリーナー「スートル」を入れてみた
BMW X3(G01)のDPFクリーニングをDIYで施工
BMW純正ナビ2024年版の地図に更新
BMW X3(G01)冬タイヤ交換に合わせてブレーキフルードをDIYで交換
360度録画ドラレコと駐車監視用バッテリーをDIYで設置
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(センターコンソールLED追加編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(ドア内部配線・完成編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(動作確認・配線編)
BMW X3(G01)カスタム①キドニーグリル内丸見え問題の解消とドアミラーカバー交換
BMW G系コーデイング BimmerCode導入とE-SYSのバージョンアップ成功
G01 BMW X3 納車整備④日本語化に成功したISTAで車両チェック
G01 BMW X3 納車整備③純正ドラレコのファームウェア更新と駐車監視バッテリー接続
G01 BMW X3 納車整備①足回り点検と冬タイヤ適合確認
G01 BMW X3 納車整備①エンジンオイル交換
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰②(オーディオ関係他)
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰①(NBT→CIC)
BMW 12.3インチAndroidモニターのバージョンアップと機能紹介
BMW Androidナビの映像を後席モニターに出力!
スポンサーリンク


0 件のコメント:

コメントを投稿

車のアルミテープチューニングを施工してみた

数年前に流行した アルミテープチューンを施工してみました。帯電した静電気を空気中に逃がして空気抵抗や電装系への悪影響を軽減する効果を期待できるよう です。前車のBMW X3(F25)でも施工していたアルミテープチューニングは走行上の体感できる効果は殆ど無いのですが、静電気の蓄積が...