2022年3月29日火曜日

BMW NBT換装後にAMラジオを受信しない問題をDIYで解消!

愛車のBMW X3(F25)のナビをCICからNBTへ換装後、ISTA+の車両診断で、FMアンテナ断線エラー(FM1,FM2で2個のエラー)が残っています。 FMラジオは問題なく受信するのですが、AMラジオが殆ど受信しない状態でした。ラジオの使用頻度は低いのですが、AMの交通情報やハイウエイラジオは受信できるようにしたほうが良さそうです。
以前の記事でも記載しましたが、ネットで調べた所、CICではラジオ使用時にクワッドロックの13ピンからアンテナブースターに12V電源が供給されるようですがNBTでは13ピンは未使用のようです。 クワッドロックの15ピンがACC電源なので、15ピンから車両側13ピンに接続して、ACCオンでアンテナブースターに電源供給するように配線してみました。 

接続変更後、ISTA+で車両診断してエラー消去をしてみましたが、FMアンテナ断線エラーは残ったままです。FMアンテナブースター自体の仕様変更があったようで、アンテナ信号のインピーダンスエラーの可能性が高いです。 

アンテナブースターを探してみましたが、ヤフオクでは見当たらず、e-Bayで見つけましたが日本仕様と異なる可能性があり、またアンテナブースターでリモコンの受信も兼ねているとの情報もあり入手は見送りました。 アンテナケーブルも変更したほうが良いとの情報もあり、探してみましたが部品入手困難でヘッドユニット裏からテールゲートのアンテナブースターへの配線も大変そうです。 

どうしたものかと、AliExpressでアンテナ関係の製品を物色していると、VW、Audi用ですがFakraコネクターのアンプ付きam/fm配線アダプターなるものが安価で販売されていたので、ダメ元で入手しました。 商品到着後、NBTヘッドユニット背面のラジオアンテナコネクタ(白、黒2個)を外して、入手したアンプ付きam/fm配線アダプターのコネクターをヘッドユニットに接続して、車両側アンテナのコネクターと接続しました。 

この状態でラジオ受信状態の確認をしたところ、AMラジオの受信状態が改善し音声も聴き取れるようになり、FMラジオも問題なく受信できます。 アンプ付きam/fm配線アダプターのアンプ電源線に12Vを通電した状態だと、ノイズが酷くなりかえって受信状態が悪くなってしまったので、電源は通電しない状態でヘッドユニットを元に戻しました。 

ISTA+の車両診断でエラーは残っている状態ですが、FMラジオは普通に受信しており、AMの受信感度も改善しましたので使用上の問題はほぼ無いので様子見です。 

AliExpressで、am/fmのフィルムアンテナも千円程度で販売されており、フロントガラス上部に設置することも考えましたが、純正アンテナを生かした方が受信状態は良さそうなので見送りました。 こうしたニッチな製品が安価で入手できるAliExpressは、DIYを行う上で品質面も問題ないものが殆どで、とても重宝しています。
 

BMW NBT換装後にAMラジオ受信しない問題を解消!



関連記事

BMW Androidナビの映像を後席モニターに出力!

スポンサーリンク
 

2022年3月23日水曜日

福島沖地震による停電でUPSバックアップ電源が活躍!

2022年3月16日に発生した福島沖地震の2回目の強い揺れとほぼ同時に自宅の停電が発生し、UPSバックアップ電源が活躍しました。 バックアップしているのは主に光回線終端装置やWiFiルーター、情報収集用TVなどですが約2時間の停電から復帰するまで使用することが出来ました。 
情報収集や連絡手段として一番身近なものがスマホになりつつありますが、回線の混雑で繋がりにくくなることを想定し、光回線やTVをバックアップしています。 実際の停電でUPSバックアップ電源に切替わったのは初めてですが、余分な家電の待機電力を外した状態で、内蔵バッテリーのみで約2時間は問題なく使用できました。 

今回は23時半頃と比較的、影響の少ない時間帯でしたが、関東で震度4程度とそれ程大きな地震ではなかったにも拘らず、比較的広範囲で停電となりました。 停電の原因は福島の火力発電が緊急停止したことで比較的需要が少ない夜間にも関わらず電力供給量が需要をカバーできず、送電制限がされたようです。 

翌日と、3月22日、気温が低かった影響で電力逼迫状態になり、原子力発電所の大半が停止した状態でギリギリの需給状態が今回の停電を招いているようです。 より大きな地震の場合は長時間の停電が想定されますので、UPSバックアップ電源の予備用大容量バッテリーを用意しており、翌日メンテナンス充電をしておきました。 

余談になりますが、コロナ禍で原油やLNGが高騰している中、ウクライナ情勢で更に供給不足となるリスクがあり、そろそろ安全性を確保した上で原子力発電の利用も視野に入れたほうが良いのではと考えています。 福島原発事故の再発は絶対にあってはならないことですが、太陽光や風力発電は安定供給が難しく、当面のベース電力として輸入に頼らざるを得ない石化燃料の依存度を低くすることも有力な選択肢の一つだと思います。 

このような脆弱なエネルギー事情にも拘らず、欧州の脱炭素ヒステリーに同調してEV化を推進し、ますます電力不足となる政策には疑問を持たざるを得ないですね。 自然災害が多く、資源を輸入に頼らざるをえない日本に合わせた、電源構成を考えないと経済面でもますます世界に取り残されていくのではと、今回の件で考えさせられました。 

電力料金もどんどん高騰していく中、個人として対策できることとして、太陽光発電の10年固定価格買取期間が来春に終了するので、蓄電池の設置を考えています。 蓄電池の耐用年数を考えると採算は合わないと思われますが、太陽光パネルの日中の余剰電力を夜間に活用でき、長時間の停電対策としても大変有効だと思います。

福島沖地震による停電でUPSバックアップ電源が活躍!


関連記事

通信機器バックアップ用UPSの見直し(期待バックアップ時間10H)
UPSの電源アース配線
発電機の定期運転と消音BOXの効果確認
発電機とガソリン携行缶
発電機のDIY消音BOX作成
雨水タンクをDIY設置
防災用品をチェックしてみた
停電・落雷対策で中型UPSを追加導入
ガラス飛散防止他の震災対策
震災時のライフライン確保
太陽光発電
DIYバッテリーBOX(完成編)
DIYバッテリーBOX(並列接続編)
DIY非常用電源の完成

スポンサーリンク
 
APC Smart-UPS 750 LCD 100V SMT750J E
APC Smart-UPS 750 LCD 100V SMT750J E 12V20Ah UPS用バッテリー WP20-12 2個セット
12V20Ah UPS用バッテリー WP20-12 2個セット HITACHI [ 日立化成株式会社 ] 国産車バッテリー 40B19L
HITACHI [ 日立化成株式会社 ] 国産車バッテリー 40B19L エーモン バッテリーターミナル 8φ B656
エーモン バッテリーターミナル 8φ B656

2022年3月18日金曜日

BMW Androidナビの映像を後席モニターに出力!

昨年末に愛車のBMW X3(F25)に導入した12.3インチAndroidモニターは、映像出力端子が無くオプション設定も見当たりませんでした。 他の製品にはUSBに接続するアダプターで後席モニター出力のオプション設定があることが分かり、アダプターは単独でも販売されています。 

入手したAndroidモニターのメーカー(ZWNAV)からも2千円強でアダプターが販売されていたので、ダメ元で入手してみました。 製品到着後、早速AndroidモニターのUSB端子にアダプターを刺して映像出力されるか確認したところ、映像出力信号は確認できませんでした。 

販売元に問い合わせた所、「MS9120.apk」というアプリが必要でインターネットで入手可能との回答があり、ネットで検索してみました。 他の映像出力アダプターの製品説明にアプリの入手先が記載されており、AndroidOS用のAPPをインストールすることでUSB経由でモニター映像信号を出力しているようです。
この「MS9120」というのはUSB2.0を含めた映像出力用のデバイスのようで、このデバイスの制御用のアプリが「MS9120.apk」ということのようです。 入手した「MS9120.apk」をPCでUSBメモリに書き込んで、AndroidモニターのUSBポートに差し込み、ファイルマネージャーで「MS9120.apk」を選択してインストールしました。 

インストール後、USBポートに映像出力アダプターを差し込んだところ、アプリが起動し映像品質とサイズの選択画面が表示され、映像出力信号を確認することが出来ました。 但し、映像サイズは2択で、どちらに設定しても後席モニターの映像は縦に伸長されて表示され、モニター側の表示変更でも少し歪んだ映像になってしまいます。 

また、idriveオリジナル画面の映像出力はAndroidOS外で切替制御しているようで、このアダプターからは映像出力されませんでした。 使用している後席モニターは2系統の映像入力があったので、映像入力端子の片側を使用して入力切替により映像出力するように配線しました。 

アダプターの映像出力を軽く動作確認したところ、AndroidナビのYOUTUBE動画の映像は出力されますが、Amazonプライムビデオの映像は出力制限を掛けているようで後席モニターには表示されませんでした。 ちなみに、もう1系統の映像入力はidriveオリジナルのTV映像信号とiPodビデオの映像信号をオーディオテクニカのAVセレクターで切替表示するように配線しており、通常はこちらを使用しています。


BMW Androidナビの映像を後席モニターに出力!



関連記事

DSP内蔵?12.3インチAndroidモニター(DSP機能編)

スポンサーリンク

2022年3月9日水曜日

VW ポロ(6R)HIDヘッドライトのキャパシタ交換

先日、嫁のポロ(6R)のライトアラームが点灯し、リヤのブレーキランプとスモールランプの電球交換を行いました。 交換後の確認で交換した電球は問題なく点灯するものの、メーターパネル内のライトアラームがロービーム点灯した状態で点灯する状態でした。 

めずらしく、同時に前後ライトの不具合同時発生です。フロントヘッドライトはハロゲンから純正HIDユニットに換装しており、アースの断線エラーです。 バッテリーのマイナス端子からアース線を引いて、ロービームのマイナス側に接続したものアラームは点灯したままで、キャパシタの経年劣化の可能性が高いです。 

VCDSで車両診断したところ、左ヘッドライトのロービームでエラーが出ていましたが、左右のキャンセラー(キャパシタ)を交換することにしました。 キャパシタの交換に当たり、ハロゲンヘッドライト→HIDヘッドユニットの変換コネクターを取外して、接続部分を断線しないようにハンダ付けしました。  
車両に変換コネクターを戻して点灯確認したところ、今度は右ヘッドライトのロービームが点灯しなくなってしまいました。 HIDのロービームはバラストにリレーで電源供給しており、リレーの不具合の可能性が高く、調べた所、右ヘッドライトの配線が断線しているようです。 

原因は変換コネクタ脱着時に右ヘッドライトの配線を引っ張ったようで、断線箇所をハンダ付けしてリレー自体も念のため手持ちの物に交換しておきました。 結構大掛かりな作業になってしまいましたが点灯確認もOKで、メーターパネル内のアラームも点灯しなくなりました。今年6月に車検を迎えるのでこれで一安心です。 

参考にしたHID配線図と製品説明(出展:Amazon)  



【商品内容】HID用 ワーニングキャンセラー 12V車専用 2個セット 全車種対応
※車両やHIDとの相性、及び一部車種では本製品を使用しても警告灯が消灯しない場合もございます。H4 Hi/LoのHIDキットには不対応です。 
【商品内容】HID用 ワーニングキャンセラー 12V車専用 2個セット 全車種対応
※車両やHIDとの相性、及び一部車種では本製品を使用しても警告灯が消灯しない場合もございます。H4 Hi/LoのHIDキットには不対応です。 
【球切れ警告灯の問題解消】高級車・輸入車に多くみられる『球切れ警告灯』を装備している車両にHIDを取り付けると消費電力低下により、警告灯が点灯してしまいますが、ワーニングキャンセラーを装着する事で警告灯の点灯を回避し、HIDが正常点灯するようになります。抵抗を使用しているため、通常のワーニングキャンセラーを使用しても球切れ警告灯等の車両側制御が回避できない車両に有効です。 
【お取り付けに関して】当商品を取り付けることにより、純正球切れ警告灯機能は動作しなくなりますので、予めご了承下さいませ。C3ワーニングキャンセラー出力コネクターは片側のみ使用しますので、使用しないコネクターは絶縁処理をして下さい。ご使用の際に、150℃程度の熱が発生します。お取付箇所にご注意いただき、樹脂パネルなど熱の弱い場所は避けて下さい。また、HIDキットを取付の際は、必ず電圧安定リレーを別途ご用意いただき、一緒に取付を行って下さい。車両により、一部ハーネスの加工が必要な場合がございます(HB4以外のリレーでは、一部加工が必要になります)。当商品に取扱説明書は付属しておりません。お取付け・交換には専門知識が必要となります。当店では取付に関するサポートは行っておりませんので、必ず整備工場や自動車電装品取扱い業者にてお取付けください。当店取扱のHIDとセットで取り付けても警告灯が解消しなかった場合、購入から1ヶ月以内であれば、返品可能です。※他社製のHIDキットとの組み合わせについては動作保証しておりません。 
【安心の初期不良対応&1ヶ月保証】商品到着後、早期に動作確認を行っていただき、万一初期不良がございましたら、到着後7日以内であれば無償で交換対応いたします。7日を過ぎましても、信玄ワーニングキャンセラーはご注文日より1ヶ月間の品質保証がございます。こちらも新品交換や返金などの解決策をご提供させていただきますので、安心してご購入ください。初期不良・商品不良等に関しましては、注文履歴から購入明細書の画像を添付して、ライトコレクションへメールにてご連絡をお願いいたします(ご購入履歴の確認をとる為に、画像を添付していただく必要がございます)。また、ライトコレクションは、商品トラブルによる万が一の事故に備えて、日本興亜損保のPL保険にも加入しています。 
【ライトコレクションについて】ライトコレクションは、良質で安価な自動車用HID・LEDをユーザーの皆様に提供したいという思いでネット通販専用ブランドとして2012年3月に誕生しました。主力商品の信玄シリーズを軸にLED・HIDの様々なパーツを販売しています。売価が上がってしまう複雑な流通経路を省き、工場→当社→ユーザーというシンプルな経路で低価格販売を確立し、これまで多くのユーザー様にご愛顧いただいてまいりました。これからも製造工場との密な関係を築き、徹底した品質管理とコスト管理で皆様に愛される身近なHID・LEDブランドとして良質な商品を提供してまいります。
 

VW ポロ(6R)HIDヘッドライトのキャパシタ交換


関連記事

VW ポロ(6R)ブレーキランプが球切れしたのでDIYで交換
VWポロ(6R)ヘッドライト内部の結露対策
VWポロ(6R)アルミテープチューン続編
VWポロ(6R)DIYでエアフィルター交換ついでにアルミテープチューンをしてみた
VWポロ(6R)DIYで12ヵ月点検とエンジンオイル交換
VW POLO(6R)コスパ抜群の燃料添加剤(AZ FCR-062)を入れてみた
VW POLO(6R)ダッシュボードの超簡単ビビリ音対策
VW POLO(6R)のスタッドレスタイヤ摩耗チェック
VWポロ(6R)中古スタッドレスタイヤで雪道走行
10年落ちスタッドレスタイヤの硬度を測ってみた
VWポロ(6R)LEDスモールライト球切れアラームをDIYで解消
VWポロ(6R)HIDヘッドライト配線の見直し
VWポロ(6R)のHIDヘッドライトユニット換装
VWポロ(6R)後席用USB充電ポートを増設
VWポロ(6R)純正?アームレストをDIYで取付け
VWポロ(6R)オートライトをDIYで取付けてみた
VWポロ(6R)クルーズコントロールの配線とコーデイング
VWポロ(6R)クルーズコントロールをDIYで取付け
VWポロ(6R)ユーザ車検一発合格★費用48千円
VWポロ(6R)車検前点検整備⑤最終点検とサービスインターバルリセット
VWポロ(6R)車検前点検整備④エンジンルーム点検
VWポロ(6R)車検前点検整備③足廻り点検とブレーキフルード交換
VWポロ(6R)車検前点検整備②エンジンオイルを上抜き交換してみた
VWポロ(6R)車検前点検整備①エアコンフィルター交換他
VWポロ(6R)前後撮影ドラレコのリプレース
VWポロ(6R)リアライセンスランプLED交換他
VWポロ(6R)キーシリンダーのメンテナンス
ガソリン車6L対応ジャンプスターターの追加導入
VWポロ(6R)コーディング⑦ウインドウヒーターONでミラーヒータ連動
VWポロ(6R)コーディング⑥車速対応ワイパー
VWポロ(6R)コーディング⑤コンフォートターンシグナル
VWポロ(6R)コーディング④車速感応ロック
VWポロ(6R)コーディング③DRL(Daytime Running Light)
VWポロ(6R)コーディング②ニードルスイープ
VWポロ(6R)コーディング①球切チェック機能無効化(LED化対応)
VWポロ(6R)エアバックアラームのリセット
VWポロ(6R)エアコンクリーニング
エアコンクリーニングの仕上げ
VWポロ(6R)DIY12か月点検
VWポロ(6R)エンジンオイルDIY交換
梅雨入り前のカーメンテナンス②BMW X3(F25)
梅雨入り前のカーメンテナンス①VWポロ(6R)
散水器で純水(軟水)シャンプー洗車
純水(軟水)洗車
洗車用の簡易純水(軟水)器を導入してみた
洗車と簡易コーティング 
スポンサーリンク

2022年3月3日木曜日

VW ポロ(6R)ブレーキランプが球切れしたのでDIYで交換

嫁のポロ(6R)のメータパネルに球切れアラームが付き、右側のブレーキランプが不点灯になっていました。 走行4万kmを超えたので、そろそろ電球交換のタイミングとなってもおかしくなく、左右のブレーキランプとついでにスモールランプの電球を交換しました。 
球切れの心配が大幅に減るLED化も検討しましたが、キャンセラー付きLED電球でもアラームが消えないケースが多く、発熱するキャンセル抵抗の設置場所の問題で断念しました。 

ウインカーは点灯時間が短く、キャンセラー用の抵抗もライトユニット内に設置して問題なく点灯していますが、ブレーキやスモールは点灯時間が長くキャンセラー抵抗の発熱が多いためライトユニット外にステーで固定するなどの工夫が必要となりそうです。 

電球の交換作業自体は難易度は高くなく、トランク左右のサービスホールから白いプラスチックネジを回して外してからライトユニットを後方に引き出すようにして取り外します。 車体側のコネクターの長手方向の爪を押しながら引いてライトユニットを取外し、爪4か所を広げれば電球にアクセスできます。 

あとは、ブレーキランプとスモールランプのバルブを新しいものに交換するだけです。電球は素手で触ると油脂がついて発熱時に割れるリスクを避けるためペーパータオルで挟んで交換しました。 

電球の規格はブレーキランプが「S25シングル(P21W)」、スモールランプは「T10」です。ブレーキランプはPhilipsの輸入車対応、スモールランプはPIAAのハロゲン球を使用しました。 

ライトユニットを元に戻して点灯確認も問題いのですが、メーターパネル内のアラームは点灯したままです。VCDSで車両診断したところ、フロントのロービームのアラームが残っており、換装したHIDのキャンセラー(キャパシター)の経年劣化の可能性があります。 

めずらしく同時にライト関係の不具合が発生したようで、新しいキャパシターを購入したので到着後、交換するので別途記事にする予定です。 

交換に使用した電球の製品説明(出展:Amazon)

・光源タイプ 白熱灯 
・ブランド Philips(フィリップス) 
・色 P21W 
・ワット数 21 W 
・フィットタイプ ユニバーサルフィット 
※ECE基準(欧州統一品質基準)適合 
※車検対応 

・光源タイプ 白熱灯, ハロゲン 
・ブランド PIAA(ピア) 
・色 T10 ・ボルト数 12 ボルト 
※純正補修用バルブ ・ クリア ・ 12V 5W ・ 車検対応 
※T10タイプ・ 2個入 
※使用箇所例:ポジションランプ/ライセンスプレートランプ/ルームランプなど 
※自動車用白熱球 ※純正バルブの球切れ交換用

VW ポロ(6R)ブレーキランプ球切れしたのでDIYで交換


関連記事

VWポロ(6R)ヘッドライト内部の結露対策
VWポロ(6R)アルミテープチューン続編
VWポロ(6R)DIYでエアフィルター交換ついでにアルミテープチューンをしてみた
VWポロ(6R)DIYで12ヵ月点検とエンジンオイル交換
VW POLO(6R)コスパ抜群の燃料添加剤(AZ FCR-062)を入れてみた
VW POLO(6R)ダッシュボードの超簡単ビビリ音対策
VW POLO(6R)のスタッドレスタイヤ摩耗チェック
VWポロ(6R)中古スタッドレスタイヤで雪道走行
10年落ちスタッドレスタイヤの硬度を測ってみた
VWポロ(6R)LEDスモールライト球切れアラームをDIYで解消
VWポロ(6R)HIDヘッドライト配線の見直し
VWポロ(6R)のHIDヘッドライトユニット換装
VWポロ(6R)後席用USB充電ポートを増設
VWポロ(6R)純正?アームレストをDIYで取付け
VWポロ(6R)オートライトをDIYで取付けてみた
VWポロ(6R)クルーズコントロールの配線とコーデイング
VWポロ(6R)クルーズコントロールをDIYで取付け
VWポロ(6R)ユーザ車検一発合格★費用48千円
VWポロ(6R)車検前点検整備⑤最終点検とサービスインターバルリセット
VWポロ(6R)車検前点検整備④エンジンルーム点検
VWポロ(6R)車検前点検整備③足廻り点検とブレーキフルード交換
VWポロ(6R)車検前点検整備②エンジンオイルを上抜き交換してみた
VWポロ(6R)車検前点検整備①エアコンフィルター交換他
VWポロ(6R)前後撮影ドラレコのリプレース
VWポロ(6R)リアライセンスランプLED交換他
VWポロ(6R)キーシリンダーのメンテナンス
ガソリン車6L対応ジャンプスターターの追加導入
VWポロ(6R)コーディング⑦ウインドウヒーターONでミラーヒータ連動
VWポロ(6R)コーディング⑥車速対応ワイパー
VWポロ(6R)コーディング⑤コンフォートターンシグナル
VWポロ(6R)コーディング④車速感応ロック
VWポロ(6R)コーディング③DRL(Daytime Running Light)
VWポロ(6R)コーディング②ニードルスイープ
VWポロ(6R)コーディング①球切チェック機能無効化(LED化対応)
VWポロ(6R)エアバックアラームのリセット
VWポロ(6R)エアコンクリーニング
エアコンクリーニングの仕上げ
VWポロ(6R)DIY12か月点検
VWポロ(6R)エンジンオイルDIY交換
梅雨入り前のカーメンテナンス②BMW X3(F25)
梅雨入り前のカーメンテナンス①VWポロ(6R)
散水器で純水(軟水)シャンプー洗車
純水(軟水)洗車
洗車用の簡易純水(軟水)器を導入してみた
洗車と簡易コーティング 
スポンサーリンク

ユーザ車検前24ヵ月点検(ブレーキ鳴き防止とフルード交換) ※ブレーキパッド交換と同じ内容です※

嫁のVW POLO(6R)が今年7月に車検を迎えます。今回もユーザ車検にする予定ですので、24か月点検を少しずつ始めました。 今回は足回り点検に合わせて、ブレーキ鳴きが出ていたので、鳴き防止のグリスアップとブレーキフルードの交換 を行いました。 ブレーキ廻りの分解整備は、車...