2024年1月29日月曜日

BMW X3(G01)にDPFクリーナー「スートル」を入れてみた

愛車のBMW X3(G01)にDPFに直接施工するタイプのワコーズディーゼル2でDPFクリーニングをDIYで施工しました。 施工後の再生走行で、再生条件が良くなかったようで、ススの量が15g程度残っていました。 

ただし、DPF詰まりの要因とされるオイルアッシュは7.52gから0.37gと大幅に削減して、排気ガスの抜けが良くなり、 施工前には鳴らなかった車庫入れ時のタイヤからのスキール音がするようになり、アクセルレスポンスも良くなりました。 

オイルアッシュというのは、燃焼時に混入したエンジンオイルの燃え残り成分のようで、硫酸灰分、硫黄分の基準をクリアしたBMW認証のLL04などのエンジンオイルを指定している理由のようです。 

国内のJASO規格(日本自動車技術会規格)では「DL-1」という規格になっていますが、ACEA(欧州自動車工業会)では「C3」などのCグレードというHTHS粘度(高温せん断粘度)、硫酸灰分、硫黄分の量に応じてカテゴリー分けがされており基準が異なるようです。 

クリーンディーゼル車のDPF詰まりについて、改めて調べてみた所、前車から使用している「ディーゼルウエポン」という吸気系の燃料添加材と同じメーカの「スートル」というDPFクリーナの効果が良いとの情報を見つけました。 

マツダのクリーンディーゼル車に添加して、効果があったとう評価が多く、BMWでのレビューはあまり見当たりませんでしたが、「ディーゼルウエポン」と同時添加が可能とのことで試してみることにしました。
Amazonで500mlのものが5760円と少々高めですが、軽油50Lに対して50mlの「スートル」を添加とのことで、500mlのものを入手したので、満タンで約10回分、1回当たりでは6百円以下です。 

DPFがキレイになることで排気効率が改善され、ECUによるDPF再生が開始されにくくなりDPF再生回数が減るという製品説明で、日本の軽油成分を前提としているので、欧州のものより相性も良さそうです。 

この手の燃料添加剤は長期間使用しないと、その効果は体感できないことが多く、すぐにDPFの煤が減ることはないと思いますが、DPFの延命や排気ガスの抜けが良くなることを期待して暫く様子を観たいと思います。 

前車で使用実績があり、特に不具合もなかった「ディーゼルウエポン」との併用で、吸気系と排気系を同時にクリーニングしてクリーンディーゼル車のウイークポイントである煤の堆積に対処する予防的な効果を期待しています。
  

スートルの製品説明(出展:Amazon)

効果・作用 清浄作用: DPF内のススを除去します。 DPF詰まりに起因する、速度・回転数制限やエンジン停止などのECU(車載コンピューター)制御トラブルを防止します。 DPF再生減少: DPFがキレイになることで排気効率が改善され、ECUによるDPF再生が開始されにくくなります。 燃費回復: DPF再生が時間短縮または実施回数が減少することで燃費が回復します。 DPF寿命延長: 再生時は600℃という高温にさらされ、DPFは徐々に劣化します。 スートルを添加すると低温でススが燃焼されるため、DPF再生頻度が減り、DPFの著しい劣化や焼損を防止できます。 使用方法: 50リットルのディーゼル燃料に対し、50mlの比率で添加してください(0.1%)

ディーゼルウエポンの製品説明(出展:Amazon)

ディーゼルエンジンの燃焼室を清浄します。 軽油、重油、灯油を燃料とするディーゼルエンジンに使用できます。 ディーゼル燃料にわずかに添加するだけで、強力な洗浄効果を発揮し、セタン価向上剤により、燃焼効率も上げます。 容量:250ml x 2 (500mL) 使用方法: ディーゼルウェポンは目的に応じて添加量を調節してください。 清浄(クリーンアップ)を目的とする場合:50Lタンクに30mLの割合で添加して下さい。(約1700:1) キレイを保ちたい(キープクリーン)場合:50Lタンクに20mLの割合で添加して下さい。(2500:1)
 

BMW X3(G01)にDPFクリーナー「スートル」を入れてみた


関連記事

BMW X3(G01)のDPFクリーニングをDIYで施工
BMW純正ナビ2024年版の地図に更新
BMW X3(G01)冬タイヤ交換に合わせてブレーキフルードをDIYで交換
360度録画ドラレコと駐車監視用バッテリーをDIYで設置
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(センターコンソールLED追加編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(ドア内部配線・完成編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(動作確認・配線編)
BMW X3(G01)カスタム①キドニーグリル内丸見え問題の解消とドアミラーカバー交換
BMW G系コーデイング BimmerCode導入とE-SYSのバージョンアップ成功
G01 BMW X3 納車整備④日本語化に成功したISTAで車両チェック
G01 BMW X3 納車整備③純正ドラレコのファームウェア更新と駐車監視バッテリー接続
G01 BMW X3 納車整備①足回り点検と冬タイヤ適合確認
G01 BMW X3 納車整備①エンジンオイル交換
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰②(オーディオ関係他)
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰①(NBT→CIC)
BMW 12.3インチAndroidモニターのバージョンアップと機能紹介
BMW Androidナビの映像を後席モニターに出力!
スポンサーリンク


2024年1月22日月曜日

BMW X3(G01)のDPFクリーニングをDIYで施工

愛車のBMW X3(G01)のDPF(Diesel Particulate Filter) のクリーニングをDIYで施工しました。前車のBMW X3(F25)でも同じ施工をしており視聴者様からG01のクリーニングのリクエストがあり、走行4万Kmと施工タイミングでした。 

DPFはディーゼル粒子フィルターというディーゼルエンジンの排気ガス中の煤を集積して、再生機構で堆積した煤を焼き切る機構を備えた触媒の1つで、再生で焼き切れなかった煤が蓄積して最悪のケースではDPF交換という数十万の高額修理が必要になるようです。 

一昔前のディーゼル車は排気ガスが黒煙モクモクで煤の排出が環境問題となり、この触媒が開発されたようです。またEGRという排気ガスを再度燃焼室に戻して有害成分を軽減する装置も搭載しています。 このEGRも煤を含んだ排ガスを循環させるため、EGR本体やインテークマニホールドに煤が堆積しやすく、クリーンディーゼル車のウイークポイントになっていて、走行10万Km前後で吸気系もクリーニングするケースが多いようです。 

BMWのG型からDPF処理後の排気ガスをEGRに送るルートが追加されており、吸気系に煤が堆積しにくくなっているようです。全てDPF処理後の排気ガスを循環させたほううが良さそうですが、燃焼室で煤を焼いてDPFの煤堆積を削減するためと思われます。 

このDPFはトラックにも搭載されており、20万㎞前後で交換周期となるようで、DPFクリーニングを行い延命するケースもあるようで、BMWのDPFも20~30万Kmの交換推奨部品となっています。 

今回は、DPFの詰まりを予防する目的でDPFに堆積した煤をクリーナをDPFに直接注入してクリーニングしました。使用したクリーナはワコーズの「DIESEL-2 ディーゼルツー DPFクリーナー」というもので、前車でも使用したものです。 

前回は、DPFの差圧センサーのパイプを利用してクリーナをDPFに注入しましたが、今回は差圧パイプのゴム状のホースを抜くことが出来なかったので、DPF前の温度センサーを外すための「クローフットレンチ フレアナットレンチセット」を合わせて購入しました。
このクローフットレンチは、配線付のセンサーを固定しているナットを外すための工具で、今回使用したのは14mmのクローフットレンチのみですが、サイズが豊富でO2センサーなどにも使用できるもので、他の整備にも使用する想定です。 

この車両のDPF前の温度センサーはエンジンルームの奥まった所にあるため、付属のエクステンションバーに手持ちの差込角9.5mmのラチェットレンチを使用して温度センサーを外すことが出来ました。 外した温度センサーの穴にワコーズ ディーゼルツー付属のチューブを挿入するのに当たり、穴のサイズが小さく奥まで入らなかったのでチューブの先端に細いパイプを結合して挿入しました。 

ワコーズ ディーゼルツーの説明の通り施工前に30回以上、缶を良く振ってから、付属のチューブをノズルに装着して、正立して3分程度クリーナを注入しました。泡状のクリーナがDPF内部で拡散するようです。 

クリーナ注入後、チューブを抜いて温度センサーを元に戻してワコーズ ディーゼルツーの説明の通り30分程アイドリングして、DPF再生条件の冷却水温度が70度以上になってから、BimmerLinkで再生指示を行いました。 暫く、アイドリング状態で再生しないかBimmerLinkでモニターしていましたが、再生が始まらないので走行再生して排圧でクリーナを排出する目的で2時間程度、市街地走行しました。 

走行後にBimmerLinkでDPFをモニターした所、再生後走行距離からみて走行直後に再生が始まり、短時間で再生が終わったようで、堆積煤の量が施工前の25g程度から15gと今一減っていない状態でした。 

ただし、低速のトルクが太くなったようで、施工前には起こらなかった車庫入れの時にタイヤからスキール音がするようになり、アクセルの付きも良くなったような気がします。ターボ車なので排気の抜けが良くなった効果だと思います。
 

BMW車両診断ソフト「ISTA」のバージョンアップ成功とBimmerLink導入


関連記事

BMW車両診断ソフト「ISTA」のバージョンアップ成功とBimmerLink導入
BMW純正ナビ2024年版の地図に更新
BMW X3(G01)冬タイヤ交換に合わせてブレーキフルードをDIYで交換
360度録画ドラレコと駐車監視用バッテリーをDIYで設置
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(センターコンソールLED追加編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(ドア内部配線・完成編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(動作確認・配線編)
BMW X3(G01)カスタム①キドニーグリル内丸見え問題の解消とドアミラーカバー交換
BMW G系コーデイング BimmerCode導入とE-SYSのバージョンアップ成功
G01 BMW X3 納車整備④日本語化に成功したISTAで車両チェック
G01 BMW X3 納車整備③純正ドラレコのファームウェア更新と駐車監視バッテリー接続
G01 BMW X3 納車整備①足回り点検と冬タイヤ適合確認
G01 BMW X3 納車整備①エンジンオイル交換
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰②(オーディオ関係他)
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰①(NBT→CIC)
BMW 12.3インチAndroidモニターのバージョンアップと機能紹介
BMW Androidナビの映像を後席モニターに出力!
スポンサーリンク

2024年1月15日月曜日

BMW車両診断ソフト「ISTA」のバージョンアップ成功とBimmerLink導入

愛車のBMW X3(G01)の車両診断にディーラーでも使用している「ISTA」の日本語化に成功し、そのSQLiteDBを入手した海外サイトISTAのバージョンアップモジュールも入手しました。 

入手したISTAのバージョンは「4.39.20」で2021年頃のもので最新のものではありませんが、日本語化したSQLiteDBのバージョン(4.40.40)に近いものでしたので、ISTAのバージョンアップにチャレンジしました。 ISTAのモジュールはサイズが大きく、一番大きいもので圧縮形式でも100GBを超えるため、MEGAのダウンロードサイトで一度にダウンロードするためには課金する必要があり、何日かに分けて無料でダウンロードしました。 

早速、ダウンロードしたファイルを1つのフォルダーに解凍してインストールしてみましたが、起動時にエラーが表示されてしまい、何度かリトライしましたが、結果は変わりませんでした。 どうしたものかと試しにISTAの旧バージョンをアンインストールしてからインストールしてみた所、エラーが出なくなり、ISTAのインストーラーが作成したSQLiteDBの格納フォルダーに以前に入手した日本語のSQLiteDBを配置して無事起動することが出来ました。 

旧バージョンは2019年頃の「v4.20.1」で一応、車両診断はできていましたが、前オーナーがディーラーでファームウェアアップデートをしており、車両のISTAレベルが2021年になっていたので、新しいバージョンの方が安心です。
ついでに、スマホで手軽に車両診断できる「BimmerLink」も導入しました。6千円の課金が掛かりますが、1度のみの課金で使用でき、バッテリー交換記録や電動パーキングブレーキのメンテナンスモード他の車両整備が手軽にできそうです。 

車両との接続は、導入済の「BimmerCode」で使用しているENETケーブルとiPhone用の変換コネクターをそのまま利用できます。ISTAよりメニューが分かりやすく、使用したい機能が直観的に探せるのも良い感じです。 

バージョンアップ後のISTAで車両診断してみましたが、検出するワーニングメッセージはバージョンアップ前と同じもので、メッセージの詳細表示のポップアップも日本語で表示され、エラー消去も問題無く出来ました。 これで、車両故障時の原因調査や、メンテナンスが本格的にできるようになり、ディーラーにお世話になる機会が減らせそうです。

ちなみに前車のX3(F25)ではリコール作業以外でディーラーにお世話になったことは一度も有りませんでした。 約6年間所有した前車のX3(F25)で、大きめの故障といえば、スピードセンサーの不具合で、ブレーキシステム異常というアラームがiDriveに表示され、最寄りのディーラーに入庫するよう促されました。 走行可能状態でしたので、帰宅後にISTAで車両診断して、そのエラーコードをネットで調べると、ブレーキセンサーの不具合である可能性が高いことが分かり、DIYで交換後にISTAでエラー消去して故障修理しました。 

古いBMWは故障が多いイメージがあると思いますが、Fシリーズ頃から信頼性が上がり、使用期間が約6年で車齢11年までの大きめの故障は、このブレーキセンサー位でした。 定期メンテナンスで、エンジンオイル他の油脂類交換、フィルター交換、ブレーキパッド交換などをしっかり行えば、車種や個体差はあると思いますが、8万Km程度までは大きな故障や部品交換は必要ない印象です。

BMW車両診断ソフト「ISTA」のバージョンアップ成功とBimmerLink導入


関連記事

BMW純正ナビ2024年版の地図に更新
BMW X3(G01)冬タイヤ交換に合わせてブレーキフルードをDIYで交換
360度録画ドラレコと駐車監視用バッテリーをDIYで設置
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(センターコンソールLED追加編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(ドア内部配線・完成編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(動作確認・配線編)
BMW X3(G01)カスタム①キドニーグリル内丸見え問題の解消とドアミラーカバー交換
BMW G系コーデイング BimmerCode導入とE-SYSのバージョンアップ成功
G01 BMW X3 納車整備④日本語化に成功したISTAで車両チェック
G01 BMW X3 納車整備③純正ドラレコのファームウェア更新と駐車監視バッテリー接続
G01 BMW X3 納車整備①足回り点検と冬タイヤ適合確認
G01 BMW X3 納車整備①エンジンオイル交換
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰②(オーディオ関係他)
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰①(NBT→CIC)
BMW 12.3インチAndroidモニターのバージョンアップと機能紹介
BMW Androidナビの映像を後席モニターに出力!

2024年1月8日月曜日

災害対策についての事例ご紹介

能登半島地震で被災した方々とご親族にお見舞い申し上げます。寒さも増してきており大変困難な状況ですが、一般人にできることは限られており、募金程度しかできませんが、なんとか凌いでいただきたいとお祈りいたします。 

日本は地震が多く気候変動も加わり、いつ同じような災害に遭遇するか分からず、その対策は必須だと改めて強く思います。最低限の水や食料の備蓄や避難用の持ち出し用品の再点検をして備えたいと考えております。
災害対策はその専門家やネットに情報が多くありますが、家族を守るために自分なりに考えて備えていることを紹介してみたいと思います。少しでもご参考になれば幸いです。 災害対策は、いつ起こるか分からないことに備えるリスク対策でもあり、どこまで対策するのかは各々の事情や考え方で大きく変わると思いますので、あくまでも1つの事例としてとらえていただきたいと思います。 

①家屋

 まず、家屋が災害に耐えるようにすることが一番大事だと思います。1980年以降の耐震基準の家屋でも1度の震度7程度の地震で倒壊しない最低限の基準のようで、出来れば耐震等級3以上にすることが望ましいと思います。 

我が家は築30年を超えましたが、鉄筋コンクリート造の地下車庫の上に地震に強いとされる2×4工法の2階建てで、立てたハウスメーカの耐震実験では震度7の地震に複数回耐える結果となっています。 

立地条件も大切で、利便性の高い土地を選びがちですが、湾岸エリアや泥濘地、特に埋立地や盛り土の土地は避けたいと考えています。揺れやすい上に液状化などでライフラインが寸断される可能性が高いからです。 

我が家は、ターミナル駅から私鉄で2駅程離れた場所で利便性は少し落ちますが、海岸から離れて標高も30m近くあり、地盤も古い関東ローム層上でひな壇の傾斜地ですが地盤調査でも比較的良い結果でした。 

木造の場合、防水・シロアリ対策も重要だと考えています。屋根や外壁の塗膜が劣化すると湿気や漏水で構造合板や構造材が腐食して耐震性能が低下するのは容易に想像できますので昨年、外壁と屋根の塗装をしました。 

また、木材が腐食するだけでなく、湿気が多くなるとシロアリ被害にあう確率が高くなり、腐食に加えてシロアリ被害で木材内部が空洞化して耐震性能が著しく低下することになり、その対策もしておきたい所です。 

②ライフライン

 家屋の倒壊を免れたところで、自宅で生活するためには、水・電気・ガス他のライフラインの確保が必要になります。特に飲料水の備蓄の他、洗い物のやトイレの生活用水も確保しておきたいと考えています。 

我が家では、1週間分の飲料水として2Lペットボトル6本入りのものを8箱備蓄して、2年毎に消費して入れ替えています。 生活用水は18Lタンク4つに加えて80Lの雨水タンクを庭に設置しています。ガスはカセットボンベ6本入りを6箱程度備蓄しています。 

災害時は停電になる確率が高く、最低限、情報収集用のTVやネット関係機器の2時間程度のバックアップ電源としてUPSを複数個所に設置し、更にソーラーパネルと蓄電池、小型発電機で最低限の電力は確保できるようにしています。 

昨年既設のソーラーパネルに加えて全負荷対応の蓄電池を設置しました。初期費用は高いですが、電力料金の高騰で日常の消費電力の6~7割程度を自給可能です。その経済効果で15~20年程度で、初期費用は回収できる見込みです。 

③車中泊装備と持ち出し用品

 万が一、火災などで自宅での生活が困難となった場合は、地下車庫か外で車中泊が出来るように寝具やポータブル電源と発電機を用意しています。ポータブル電源は通常、駐車監視用サブバッテリーとして活用しています。 

さらに車中泊もダメな場合は避難所にお世話になることなるので、持ち出し用品をリュックにまとめています。車中泊可能な場合もリュックは地下車庫に持ち出しする想定です。持ち出し用品の他、1週間分の非常食を備蓄し毎年、消費して入替えています。

災害対策についての事例ご紹介


関連記事

猛暑の中、家庭用蓄電池導入6か月後レビュー
家庭用蓄電池を設置3か月後の新電気料金プランでの効果金額は?
家庭用蓄電池を設置1か月後の新電気料金プランでの効果金額は?
FIT卒業前に公称6.5KWhの家庭用蓄電池の設置工事が無事完了
ソーラーパネル架台のアルミ製支持板をDIYで製作
ソーラーパネル架台のアルミ製支持板をDIYで製作
大活躍!オフグリッドソーラー蓄電の充電自動化
オフグリッドソーラー蓄電のインバーター電源スイッチ増設他
オフグリッドソーラ蓄電システムの見直し
168Ahのリチウムイオン蓄電池を試作してみた
太陽光発電
震災時のライフライン確保
DIYバッテリーBOX(完成編)
DIYバッテリーBOX(並列接続編)
DIY非常用電源の完成

2024年1月1日月曜日

BMW純正ナビ2024年版の地図に更新

明けましておめでとうございます。昨年は多くの方にチャンネル登録いただきありがとうございました。今年こそは登録千人超えを目指して頑張りますのでよろしくお願いいたします。 

愛車のBMW X3(G01)の純正ナビ(iDrive ID6)を昨年末に2024年版に更新しました。恒例のナビ更新ですが、今回はBMW公式サイトからダウンロードしてUSBメモリに書き込んで更新しました。 e-BayではiDrive NBTevo用の2024年版ダウンロードが11月中旬頃から利用できたようですが、BMW公式サイトでは12月末になってようやくダウンロードができるようになっていました。
BMW公式サイトを利用した理由は、NBTevoのID5からFSCコードの入手が困難になったことと、円安でe-BayのNBTebo版の価格が4千円弱となっており、公式サイトは1年間有効で6.9千円で最低2回更新可能で1回当たり3.5千円とあまり変わらなかったからです。 

因みにe-BayのNBTebo版はID4用のFSCコード付きの価格で、このFSCコードはID5、ID6では使用できないものと思われます。ID5からセキュリティレベルが大分上がったようです。 

地図更新方法はBMW公式サイトの「BMW ConnectedDrive Store 」で「USBマップ・アップデート」サービスを購入してから、使用OSのダウンロードマネージャーをダウンロードしてインストールします。 

ログインしてダウンロードマネージャーの指示にしたがい、地図データーをダウンロードします。ダウンロードには5時間程度掛かるので、有線接続したデスクトップパソコンで就寝前にダウンロード開始しておきました。 

用意したUSBメモリは、NBTの時に使用してた旧東芝製V2.0の128GBのもので、他のデータが残っているとエラーになるのでUSB内のデータをバックアップして空の状態にしました。 ダウンロード後にUSBメモリを確認するとFSCコードの他、いくつかのフォルダーに分かれていますが、このまま車両で認識したので、NBTのようにルート直下にすべてのファイルを配置する必要は無いようです。 

後は車両のセンターコンソール後方のUSBポートにUSBメモリを刺すと、iDriveモニターに更新画面が表示されるので更新指示をするだけでした。 途中でFSCコードを聞いてくることもなく、そのまま放置しておけばOKでした。 ただし、一度、不足データーがある旨画面が表示され、それでも更新するか聞いてきたので、更新指示をすると再度更新が始まり、約50分で更新完了しました。めでたしめでたし。 

因みにナビデータ更新は走行時でも問題ないようですが、例年通りバッテリー上がり防止のため、充電器で6A充電しながらエンジンを掛けずに更新しました。 この方法だと15分程で、車両電源が落ちるので何度かスタートボタンを押して更新しましたが、途中で電源が落ちても再度、始動時に再開されるようです。

BMW純正ナビ2024年版の地図に更新


関連記事

BMW X3(G01)冬タイヤ交換に合わせてブレーキフルードをDIYで交換
360度録画ドラレコと駐車監視用バッテリーをDIYで設置
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(センターコンソールLED追加編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(ドア内部配線・完成編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(動作確認・配線編)
BMW X3(G01)カスタム①キドニーグリル内丸見え問題の解消とドアミラーカバー交換
BMW G系コーデイング BimmerCode導入とE-SYSのバージョンアップ成功
G01 BMW X3 納車整備④日本語化に成功したISTAで車両チェック
G01 BMW X3 納車整備③純正ドラレコのファームウェア更新と駐車監視バッテリー接続
G01 BMW X3 納車整備①足回り点検と冬タイヤ適合確認
G01 BMW X3 納車整備①エンジンオイル交換
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰②(オーディオ関係他)
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰①(NBT→CIC)
BMW 12.3インチAndroidモニターのバージョンアップと機能紹介
BMW Androidナビの映像を後席モニターに出力!
スポンサーリンク

BMW iDrive6(NBTevo)スクリーンミラーリングの動作検証

愛車のBMW X3(G01)は第6世代の通称「NBTevo」と呼ばれている「iDrive6」搭載車両 です。この「iDrive6」にはオプションで「CarPlay」が実装されています。 「 CarPlay」ではiPhone上の動作アプリが制限されており、「YOUTUBE」や「Am...