2021年12月3日金曜日

DSP内蔵?12.3インチAndroidモニター(DSP機能編)

先日、愛車のBMW X3(F25)に導入したDSP内蔵?12.3インチAndroidモニターのDSP機能検証をしてみましたので、取り急ぎ記事にします。 結果から先に申し上げると、使い方の問題かも知れませんが、期待していたDSPイコライザー調整が機能しないようです。
音を聞いた状態で、イコライザー調整しても変化を感じなかったので、ホライトノイズを使用して、簡易スペクトラム測定可能なスマホアプリを使用してみました。 車両のイコライザー(低音、高音のみ調整可能)をフラットにした状態で、室内センター付近でホワイトノイズのスペクトラムを計測しました。 

200Hz付近に山があり、500Hz上付近に谷がありますが1K以上は、ほぼフラットで15Khz付近から減衰していましたす。 1Khz以上がほぼフラットなのは増設したツイータの効果と思われます。ソフトドームツイータのため20Khz付近の超高音域はでていないのも納得できます。 

AndroidモニターのDSPアプリのイコライザーで、山谷部分を調整してみましたが、スペクトラムにほぼ変化はないようです。 試しにコーデイングで、HU_NBT(純正ヘッドユニット)の「AUDIO_SYSTEM」パラメータを”streo”から"hIfi"や"tophifi"に変更してみましたが、イコライザー調整は効いていないようです。 

試すことは出来ないですが恐らく、この製品も工場オプションのDSP付きアンプが前提となっているのではないかと推測されます。 DSPチップやADC、DACが内蔵されていて、純正ヘッドユニットのアンプの音質調整が出来ることを想定したのですが、期待外れだったようです。 

残念ながら、AliExpressでの製品説明の「DSP内蔵」やユーザレビューの「音が良くなった」などの情報を頼りに製品選択した自己責任ということになります。ただし、モニター画面の大型化、無線CarPlay、ネット接続により数多くのAndroidアプリが使用できる他のメリットは大きく、暫く使用してみて再度レビューしたいと思います。

音質に関しても、コーデイングした”tophifi”の他、「AUDIO_SYSTEM_VAR」パラメータを"4"にした所、低音が効いたメリハリのある音になり、より好みに近くなりました。
簡易スペクトラム計測の結果も、それほど山谷が大きくないことが確認できました。Androidモニターのソフトウエア更新時に再度、DSP機能も確認してみたいと思います。


DSP内蔵?12.3インチAndroidモニター(DSP機能編)



関連記事

DSP内蔵12.3インチAndroidモニター(取付編)

スポンサーリンク
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

BMWのドアミラーがもげた!DIYで応急措置

先日、愛車の BMW X3(F25)の洗車中に助手席側ドアミラーの拭き上げをしていた所、ガクとミラーが外れたような感触があり元み戻そうとしてもNG です。 後日、 ドアミラーのカバーを外して接合部を確認した所、アルミの円柱状の部品が折れているようで、元に戻せない状態 になっていま...