2023年4月25日火曜日

入手したドライバー「EPIC SPEED ◆◆◆DS」のシャフト重量変更

先日、中古で入手したキャロウエイのドライバー「EPIC SPEED ◆◆◆DS」のシャフトを変更して、弾道や飛距離及び安定性の検証中です。 最初は60g台の「グラファイトデザイン TOUR AD PT-6(S)」の組合せでスペックを計測すると、長さ:45.25インチ、総重量:316g、バランス:D3と少し重めでした。 

まずは、前方のスクリューウエイトを5gから3gに変更してみた所、バランス:D1.5となり、このセッティングで2ラウンドしました。 ロフト角は9度で、アジャスタブルホーゼル+1度では、スピン量不足でドロップ気味になっていたので、+2度で中弾道、飛距離は標準の「EPIC SPEED」より飛ばない感じで、チーピンは出ないものの少し捕まりすぎる感じでした。 

標準の「EPIC SPEED」と重心角を比較したところ、トリプルダイヤの方が大きく見えたので前方のスクリューウエイトを3gから5gに戻した状態で、捕まりを抑えられるのか試してみることにしました。 合わせて、飛距離ダウン対策として、標準の「EPIC SPEED」で使用していた50g台の「グラファイトデザイン TOUR AD PT-5(S)」にシャフト変更して飛距離性能が改善するのか確認してみることにしました。
シャフト重量が軽くなることで、長さ:45.5インチ、総重量:309g、バランス:D2.5とバランスは重めですが、他のクラブとの重量フローも良くなります。 懸念点はシャフトのトルクが「TOUR AD PT-6(S)」の3.5から「TOUR AD PT-5(S)」では5.8とかなり大きくなることで、安定性の面で左右のバラツキが想定されることです。 

練習場で打ってみた感想としては、飛距離性能が若干改善する感じで、懸念点の安定性もそれ程問題なさそうで、リリースポイントでドロー、フェードの打ち分けも出来そうです。 比較的に慣性モーメント少な目のためか、練習場では右足前のリリースでドロー、ボール直前でフェード、中間でスレートの理想的な打ち分けが出来る感じです。 

ただし、コースに出ると力みが入り、上体が起き上がったり左に突っ込む傾向があるので、コースでどの程度、安定するのか試してみる必要があります。 今回のシャフト変更で、1度軽めに落としたシャフト重量は元に戻すのが難しくなることが分かり、もう少し60g台のシャフトで以前のように振りきれるようにしたい気持ちもあります。 

60g台のSフレックスは少し硬く感じで力みが入り易いので、中古でニューカラーの「TOUR AD PT-6」のSRフレックスを落札したので、到着後にこちらも試してみる予定です。 シャフト入手に当たり、「TOUR AD PT HIGH MODULUS」(高弾性限定モデル)や最新の「TOUR AD CQ」なども検討したのですが、いずれも価格が高く、当面は長年振りなれている「TOUR AD PT」シリーズにすることにしました。 

次回ラウンドはゴールデンウイーク明けの予定ですので、シャフト変更やウエイトの調整などで練習場で色々と試してみる予定ですので、ご参考になれば幸いです。
 

入手したドライバー「EPIC SPEED ◆◆◆DS」のシャフト重量変更


関連記事

ゴルフクラブ選び「EPIC SPEED ◆◆◆DS」を試してみた
アイアン型ユーティリティ「Callaway X Foeged UT」を入手してみた
アイアン,ユーティリティ入替後の重量フローチェック
寛容性の高いユーティリティ(Callaway EPIC SUPER HIBRID)に入替えてDIYでリシャフト
飛び系アイアンの飛距離階段問題を解決(APEX単品AW追加)
アイアン入替とリシャフト(キャロウエイAPEXアイアン+MODUS105(S)DST)
ゴルフスコアメークの要! ウエッジの入替とリシャフト
フェアウエーから200Y以上打てるゴルフクラブ探し(EPIC SUPER HYBRIDとAPEX UW比較)
「APEX UW」他、入替えたゴルフクラブの重量フローをチェックしてみた
「EPIC SPEED」他、入替えたゴルフクラブのレビュー
キャロウエイ「APEX UW」USモデルをDIYでリシャフト
EPICユーティリティーのお試しリシャフト其の2
EPICユーティリティーのお試しリシャフト
EPICユーティリティーのシャフトカット
スイング・バランサーⅡでバランス測定
ノーメッキウエッジのお手軽メンテナンス
EPICユーティリティのシャフトをDIYで交換
キャロウエイ ウエッジ比較(MD3 VS MD4)レビュー
新調したパター「STROKE LAB ONE」のレビュー
ゴルフシャフトにガラスコーテイングしてみた
グリップクリーナー他のゴルフ用品レビュー
ゴルフナビ YGN6200他のラウンドレビュー
アイアンセットのDIYグリップ交換
EPIC FLASH SubZeroのシャフト交換
EPIC FLASHとSubZeroの比較
久しぶりにホームコースでラウンド
EPIC 4Uのクラブバランス調整
EPICユーティリティのリシャフト
EPICユーティリティの追加
EPIC FLASHフェアウエーウッドのシャフト交換
キャディーバッグの入替
GOLFクラブのNEWフルセット完成
ユーティリティの入替
アイアンセットの入替
ウエッジを3本にしてみた
GOLFクラブの番手別飛距離測定
EPIC FLASH 5Wレビュー
EPIC FLASH 3Wレビュー
EPIC FLASH衝動買い
ノーメッキウエッジの黒染め他のゴルフクラブメンテナンス
ゴルフクラブのDIYグリップ交換
ホームコースとゴルフスイング
クラブセッティング(ウッド編)
クラブセッティング(アイアン編)

スポンサーリンク

2023年4月18日火曜日

ゴルフクラブ選び「EPIC SPEED ◆◆◆DS」を試してみた

今年に入り、ゴルフクラブのセッティングを試行錯誤しており、アイアンセットとユーティリティを寛容性の高いキャロウエイの「APEXアイアン(2019)」、「EPIC SUPER HIBRID」に入れ替えました。 アイアンセットの変更は慣れるまでに時間が掛かるという通説通り、最初はなかなか思うような打球が出なかったのですが、ようやく慣れてきました。 

ドライバーはキャロウエイの「EPIC SPEED」を使用していたのですが、フェード気味の打球で安定していたのが今年に入り、所謂チーピンが頻発していました。 このクラブは構え安く、比較的ヘッドを返し易く操作性が高めの印象でしたが、所謂逆玉が出てしまうようになり、もう少し捕まりを抑えたものを試してみることにしました。 

大型ヘッドで後方に重心があるものは苦手で、同じシリーズの小ぶりなヘッドでフェース側に重心があるものというと、キャロウエイ限定品の「EPIC SPEED ◆◆◆」シリーズがあります。 トリプルダイヤというとプロ向けのヘッドで、難易度が高そうで躊躇していたのですが、旧々モデルで中古価格が値ごろになっていたこともあり「EPIC SPEED ◆◆◆DS」を約3万円で入手しました。
ご存知の通り「EPIC SPEED ◆◆◆」シリーズには「EPIC SPEED ◆◆◆」、「EPIC SPEED ◆◆◆LS」、「EPIC SPEED ◆◆◆DS」の3モデルあり、「EPIC SPEED ◆◆◆DS」は日本限定モデルです。 

おそらく「DS」はドロースピンの略で、トリプルダイヤシリーズでは捕まりが良く弾道も高めと評価されているものでしたので、ロフト角9度のもので試してみることにしました。 構えた印象は「EPIC SPEED」より、一回り小ぶりで少しストレッチバックしているように感じますが違和感なく非常に構え易い感じです。 

トリプルダイヤシリーズはソールの前方にもスクリューウエイトがあり、前方6g、後方10gが標準のようですが、前オーナが前方5g、後方8gで使用していたようです。 手持ちのシャフト「グラファイトデザイン TOUR AD PT-6(S)」の組合せでスペックを計測すると、長さ:45.25インチ、総重量:316g、バランス:D3と少し重めでした。 

リプルダイヤシリーズはヘッド重量が重めで、バランスも重めになるようで、まずは、前方のスクリューウエイトを3gに変更してみた所、バランス:D1.5と丁度良さそうです。 このセッティングで2ラウンドしてみた感想としては、ロフト角を+1にして10度ではスピンが入らずドロップ気味の打球が出ていたので、+2度に調整してラウンドしました。 

方向性は非常に良く、左に曲がることはなかったので、ノーマルの「EPIC SPEED」より安心して振り切ることが出来ましたが、飛距離性能はノーマルの方が良さそうです。 手持ちの50g台の「TOUR AD PT-5(S)」他、シャフトのセッティング変更でもう少し試してみる予定ですので、ご参考になれば幸いです。
 

ゴルフクラブ選び「EPIC SPEED ◆◆◆DS」を試してみた


関連記事

アイアン型ユーティリティ「Callaway X Foeged UT」を入手してみた
アイアン,ユーティリティ入替後の重量フローチェック
寛容性の高いユーティリティ(Callaway EPIC SUPER HIBRID)に入替えてDIYでリシャフト
飛び系アイアンの飛距離階段問題を解決(APEX単品AW追加)
アイアン入替とリシャフト(キャロウエイAPEXアイアン+MODUS105(S)DST)
ゴルフスコアメークの要! ウエッジの入替とリシャフト
フェアウエーから200Y以上打てるゴルフクラブ探し(EPIC SUPER HYBRIDとAPEX UW比較)
「APEX UW」他、入替えたゴルフクラブの重量フローをチェックしてみた
「EPIC SPEED」他、入替えたゴルフクラブのレビュー
キャロウエイ「APEX UW」USモデルをDIYでリシャフト
EPICユーティリティーのお試しリシャフト其の2
EPICユーティリティーのお試しリシャフト
EPICユーティリティーのシャフトカット
スイング・バランサーⅡでバランス測定
ノーメッキウエッジのお手軽メンテナンス
EPICユーティリティのシャフトをDIYで交換
キャロウエイ ウエッジ比較(MD3 VS MD4)レビュー
新調したパター「STROKE LAB ONE」のレビュー
ゴルフシャフトにガラスコーテイングしてみた
グリップクリーナー他のゴルフ用品レビュー
ゴルフナビ YGN6200他のラウンドレビュー
アイアンセットのDIYグリップ交換
EPIC FLASH SubZeroのシャフト交換
EPIC FLASHとSubZeroの比較
久しぶりにホームコースでラウンド
EPIC 4Uのクラブバランス調整
EPICユーティリティのリシャフト
EPICユーティリティの追加
EPIC FLASHフェアウエーウッドのシャフト交換
キャディーバッグの入替
GOLFクラブのNEWフルセット完成
ユーティリティの入替
アイアンセットの入替
ウエッジを3本にしてみた
GOLFクラブの番手別飛距離測定
EPIC FLASH 5Wレビュー
EPIC FLASH 3Wレビュー
EPIC FLASH衝動買い
ノーメッキウエッジの黒染め他のゴルフクラブメンテナンス
ゴルフクラブのDIYグリップ交換
ホームコースとゴルフスイング
クラブセッティング(ウッド編)
クラブセッティング(アイアン編)

スポンサーリンク

2023年4月4日火曜日

BMW X3(F25)ダスト軽減ブレーキパッドの効果確認

先日、愛車のBMW X3(F25)の冬タイヤから夏タイヤに交換するのに当たり、ブレーキ廻りの掃除と点検を行いました。 約3年前にブレーキパッドは低ダストタイプに交換しており、点検後にホイールの鉄粉除去してみた所、殆ど鉄粉に反応せずダスト軽減効果を確認できました。 

ブレーキパッド交換前にホイールをガラスコーティングしており鉄粉の付着防止効果もあると思われますが、純正ブレーキパッドでは数100km走行でホイールが鉄粉で真っ黒になっていたので効果絶大です。 ブレーキディスクへの攻撃性が大幅に減り、摩耗が少ないことが良く分かります。かといってブレーキパッド自体の摩耗が早いといこともなさそうで経済性も高いと評価できます。
交換したブレーキパッドはDIXCELのMタイプ(低ダストタイプ)というもので、3年前ですが前後セットで4万円以下で入手してDIYで交換しました。 交換直後は純正ブレーキパッドに比べて、制動力が弱いと感じましたが、数100km走行してブレーキディスクと馴染んでくると、殆ど気にならなくなり踏力に応じた制動力が得られるようになりました。 

純正ブレーキパッドに比べてダストが大幅に減りブレーキディスクの摩耗も少なくなりメリットが多いですがディーラーでは社外品への交換はして貰えません。 因みに、ブレーキ廻りは重要保安部品に指定されており、分解整備は整備士資格が必要です。車両の所有者がDIYで交換することは違法ではありませんが、整備士の立合いのもと行うことが望ましいです。

DIXCEL低ダストタイプブレーキパッドの製品説明(出展:Amazon) 

■ストリート用ダスト超低減パッド 
■ストッピングパワーを犠牲にすることなく、ダストは大幅に低減! 
■高いコントロール性により、ワンランク上のブレーキングコントロールが可能に! 
■唐突に効くのではなく、踏力に応じて効きが上がるビルドアップ型のため、同乗者も快適 
■ローター攻撃性も驚くほど低く、ローターのロングライフ化にも大きく貢献 
■ご購入の前に、下記のメーカーホームページで誤りがないか必ずご確認ください。 また、取り付けする商品により、別途必要な部品がある場合が御座いますので、 注意事項も合わせてご確認下さい。 
※上記の適合車種(車両型式、エンジン型式、年式)については、モデルチェンジにより適合しない場合がありますので、必ず下記のメーカーホームページでご確認をお願い致します。 
※同じ車両型式であっても、前期型、後期型、グレード、駆動形式で、適合する品番が変わる場合も御座います。 
※掲載画像は代表的なサンプル画像になりますので、実際の形状と色合いは異なりますので予めご了承下さい。 
◆メーカーホームページは ⇒ http://www.dixcel.co.jp/
使用上の注意 
※Mタイプはストリート専用です。サーキットでのご使用はできません。万が一、サーキットで お使いになり、早期摩耗等を起こしたとしても弊社では一切責任を持てないことを予めご了承下さい。

BMW X3(F25)ダスト軽減ブレーキパッドの効果確認



関連記事

BMW X3(F25)タイヤ交換のついでにブレーキディスク摩耗チェック
BMW X3(F25)OBD検査改定後の2回目ユーザ車検(費用約42千円)
BMW X3(F25)ブレーキフルード交換他、ユーザ車検前24か月点検(後編)
BMW X3(F25)クーラントブースター添加他、ユーザ車検前24か月点検(前編)
BMW X3(F25)20D 上抜きでオイル交換してみた
BMW X3(F25)のDPFクリーング
BMW X3(F25)のEGRリコール対応完了
BMW X3(F25)のEGRリコール対応完了
BMWの車両診断ソフト(ISTA+)を導入してみた
BMW X3(F25)ダスト低減パッド(DIXCEL M type)の効果確認と点検
BMW X3(F25)ブレーキパッドDIY交換
BMW X3(F25)ブレーキフルードDIY交換
BMW X3(F25)初のユーザー車検1発合格★費用46千円★
BMW X3(F25)ユーザー車検前の24か月点検
BMW X3(F25)DIYエンジンオイル交換
BMW X3(F25)フロントガラスの飛び石傷リペア


スポンサーリンク

【BMW X3 G01】バッテリー充電端子にアーシングしてみた

先日、愛車のBMW X3(G01)の AGMバッテリーをDIYで交換しました。交換後に車載状態でエンジンルームの充電端子にバッテリーチェッカーを接続して計測すると、CCAが定格の半分程度と交換前と殆ど変わりません でした。 試しに バッテリー端子に直接接続するとCCA900A程度...