2019年2月4日月曜日

ノーメッキウエッジの黒染め他のゴルフクラブメンテナンス

シーズインに向けて、ウエッジ2本とドライバーのシャフト交換をしました。道具より技術が問題なのは自覚しているのですが、クラブの交換で気分を変えるのも楽しみの1つです。

ノーメッキウエッジの黒染め

ウエッジのスピンの掛かりが弱くなっていたので、2本一緒に入替です。オークションで使用期間の短いCALLAWAYのMD4ノーメッキ2本で2万円で入手しました。 新品ですとで2本で約3万円です。もう少し待つとマークダウンで更に安くなるかも知れません。

今までは52°と58°のウエッジでしたが、ピッチングウエッジとの飛距離間隔が大き目だったため、50°と56°にしました。両方ともSグラインドというオーソドックスなソール形状のもので、特注スペックのようです。シャフトはダイナミックゴールドからアイアンに合わせてモーダス120に変更です。

 

今回はソールの黒染めが剥げかかって赤錆がでていたので、耐水ペーパー(600番→1200番)で磨いてから脱脂後ガンブルーを塗布してメンテナンスしました。最後にCRC556で錆止めしておきます。

ノーメッキといってもメーカの黒染めは表面処理をしているようで、一度下地まで研磨しないとガンブルーが上手く定着しません。このガンブルーはマジックペンのような形状をしているので、クラブに塗布しやすく愛用しています。

因みにガンブルーは金属を黒錆で腐食させ、赤錆を防ぐ効果がありモデルガンなどでも使われているものです。バンカーショット等で、ソールは剥げて来ますので、定期的にメンテナンスが必要です。

ドライバーのシャフト交換

ドライバーの飛距離が落ちてきたので、以前使用して感触の良かったグラファイトデザインのPT6に交換しました。オークションで送料込み9千円で対応スリーブ付きの物を入手しました。先端剛性が高く、癖のないシャフトです。

石川選手が使用しているためか、NEWカラーのものはオークションでも高値で、新品交換の場合はスリーブ付きで35千円程と高価です。今の物より0.25インチ長くヘッド装着後のクラブ長が45.25インチに若干長くなります

   

交換といってもレンチで外して、新しいシャフトを取付けるだけです。このスリーブはライ角とロフトの調整が可能で、以前のヘッド体積440ccから460ccに大型化しているので、捕まりやすいD(アップライト)、ロフト+1°でセットしました。

最新のEPIC FLASHというAI設計フェースのものも気になりますが、クラウンがカーボンファイバー製で、音がポコーンという感じであまり好みではないので、暫らくはシャフトのみの交換で様子を観ることにしました。

関連記事

EPICユーティリティ追加
EPIC FLASHフェアウエーウッドのシャフト交換
キャディーバッグの入替
ユーティリティの入替
アイアンセットの入替
ウエッジを3本にしてみた
ウエッジ3本化計画
EPIC FLASH 5Wレビュー
EPIC FLASH 3Wレビュー
EPIC FLASH衝動買い
ゴルフクラブのDIYグリップ交換
ホームコースとゴルフスイング
クラブセッティング(ウッド編)
クラブセッティング(アイアン編)

スポンサーリンク
キャロムショット GUN BLUE PEN ガンブルーペン
キャロムショット

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 シリコンオフ 09170 [HTRC2.1]
ソフト99(Soft99)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

0 件のコメント:

コメントを投稿

VW POLO(6R)コスパ抜群の燃料添加剤(AZ FCR-062)を入れてみた

嫁のポロ(6R)のガソリンエンジンは1.2Lのダウンサイジングターボです。 半年に1回程度、インジェクターや燃料ライン、及びエンジン内部を洗浄する目的で添加剤を入れて います。  純正品や評判の高いワコーズのF-1(フューエルワン)は高価ですので、CAINZの通称シルバー缶といわ...