2023年11月15日水曜日

BMW X3(G01)カスタム①キドニーグリル内丸見え問題の解消とドアミラーカバー交換

愛車のBMW X3(G01)の納車から、約1か月が経過して納車整備もほぼ終わり今の所、不具合も無く問題なさそうです。高速道路で運転支援機能も試してみましたが、前車追従のACCは非常に便利で特に渋滞時のペダル操作が激減するのは疲れている時にとても有用です。 

クリーンディーゼルでトルクが太く意図する通りに車速をコントロールしやすく燃費も良いです。Mスポーツで固めの足周りですが不快な突き上げも良く抑えこまれており、非常に良く出来た車だと満足しています。 2019年モデルで来年にはフルモデルチェンジを予定していますが、外装も古さを感じることなく、むしろ2021年のマイナーチェンジモデルよりスッキリした感じで好みのデザインです。 

唯一、気になる点としては、キドニーグリル内の斜めに設置されたシルバーの補強バーが丸見えで安っぽくみえてしまうことです。グリルシャッター付きの車両もあるようですが、このカスタムは高額になりそうです。 そこで、このシルバーの補強バーを黒色に塗装することを考えましたが、素材がアルミのようですので特殊塗料で下地処理が必要となりそうで断念しました。 

どうしたものかとネットで調べていたところ、補強バーの色付きカバーが販売されていることを知り、黒色を探していたのですがAmazonでは見当たらず、Aliexpressで送料込みで約1.5千円と価格も手ごろのものを見つけました。 

ついでに、カーボン調のドアミラーカバーも3千円以下で販売されていたので、左ハンドル用と思われますが人柱になる覚悟で入手してみました。ボデー同色のオリジナルのカバーを外して換装するタイプのものです。 Mモデルに装着されているドアミラー上部が角状になっているもので、純正品のM Performanceのものだと10万円以上するものと同様の形状のものです。
商品到着後、補強バーのから装着しました。装着に当たりキドニーグリルを外す必要がありネット情報で上側3か所の爪を外して浮かせて、左右と下側の爪を外す方法で試してみましたが上手く外れませんでした。 

気分転換で運転席側で、上3か所の爪を外して、グリルを両手で上下左右に揺さぶるように強めに動かすことで外すことができました。かなり力を掛けたので爪の破損を確認しましたが、大丈夫そうです。 

後は、樹脂カバーを補強バーに嵌めるだけですが、脱落防止のため両面テープで補強することにしました。補強バーと樹脂カバーの接着面をシリコンオフで脱脂しておきました。 補強バーの切れ目が奥側になるように上下の装着位置を確認して押し込むだけですが、かなり強く押し込まないと嵌りません、端の方を押し込んでから徐々に押していくと上手く嵌めることが出来ました。 

次にドアミラーカバーですが、まず純正のカバーを外す必要があり、ミラーを下側に向けて上部を内張剥がしで広げながら指を入れて手前に引っ張るとミラーが外すことができます。ミラーを割ると高額になりますので力加減は細心の注意が必要です。 

ミラーが外れると、カバーの上部2個の爪にアクセスできるので、マイナスドライバーで爪を浮かせながらカバーを少しずつ外していきます。下側の爪は上側を下方向に傾けながら抉ると外れました。バキっと嫌な音がしましたので爪の破損を確認しましたが大丈夫でした。 

ここまでできれば、換装するカーボン調カバーの爪の位置を確認しながら押し込むだけです。左ハンドル用と思われますが、左右対称形状のようでまったく問題なく装着できました。 純正カバーの上に両面テープで張り付けるタイプよりもフィット感抜群で、ドアミラーの降りたたみ時の角部分の干渉もなくまるで純正のようで人柱大成功です。
 

BMW X3(G01)カスタム①キドニーグリル内丸見え問題の解消とドアミラーカバー交換


関連記事

BMW G系コーデイング BimmerCode導入とE-SYSのバージョンアップ成功
G01 BMW X3 納車整備④日本語化に成功したISTAで車両チェック
G01 BMW X3 納車整備③純正ドラレコのファームウェア更新と駐車監視バッテリー接続
G01 BMW X3 納車整備①足回り点検と冬タイヤ適合確認
G01 BMW X3 納車整備①エンジンオイル交換
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰②(オーディオ関係他)
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰①(NBT→CIC)
BMW 12.3インチAndroidモニターのバージョンアップと機能紹介
BMW Androidナビの映像を後席モニターに出力!
スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿

車のアルミテープチューニングを施工してみた

数年前に流行した アルミテープチューンを施工してみました。帯電した静電気を空気中に逃がして空気抵抗や電装系への悪影響を軽減する効果を期待できるよう です。前車のBMW X3(F25)でも施工していたアルミテープチューニングは走行上の体感できる効果は殆ど無いのですが、静電気の蓄積が...