2023年11月21日火曜日

「MY BMW」スマホアプリの使用レビュー

愛車のBMW X3(G01)の納車から、約1か月が経過して納車整備もほぼ終わり今の所、不具合も無く問題なさそうです。高速道路で運転支援機能も試してみましたが、前車追従のACCは非常に便利で特に渋滞時のペダル操作が激減するのは疲れている時にとても有用です。 

クリーンディーゼルでトルクが太く意図する通りに車速をコントロールしやすいく燃費も良いです。Mスポーツで固めの足周りですが不快な突き上げも良く抑えこまれており、非常に良く出来た車だと満足しています。 

BMWは2013年モデルの頃から「connected Drive」という車載通信モジュールを使用したサービスを提供していて、iDriveのヘッドユニットにアプリをインストールしたり、通信機能で天気予報をリアルタイムで表示する機能を搭載しています。 

このサービスは当初、オプション購入で永年使用できるもののようでしたが、近年サブスクリプション化により、毎年サービス料金を支払う料金体系に変更されたようです。 また、「MY BMW」というスマホアプリで、車載通信モジュールと通信して、車両の位置情報、施錠状態やサービス状況をモニタリングすることが出来るようになっています。 

この「MY BMW」アプリの使用についても、「connected Drive」のサブスク契約が必要と思っていたのですが、現時点では「BMW リモートサービス」という無料サブスクサービスになっているようです。 

そこで、スマホに「MY BMW」アプリをインストールして、車両と接続をしてみましたが上手くいきませんでした。どうも「BMW CONNECTED DRIVE」サイトでユーザ登録した際のスマホ電話番号で認証しているようで、スマホのWifiをOFFにすることで接続できました。 一度、接続できれば、Wifi経由でも接続できました。
この「MY BMW」アプリの「車両ステータス確認」でドア・ウインドウのロック状態確認と期日の近いサービスや走行距離が確認できます。この機能で施錠忘れが確認できるのは便利だと思います。 

サービス確認の方は、iDriveで確認できる内容と同じで、「車検」「法定点検」「エンジンオイル」「車両チェック」「ブレーキフルード」の5項目のみで、期限の近いものは車両のメータークラスターにも表示されるので無くても支障ないですね。 

「リモートサービス」として、ロック・アンロック、ライト点灯、ホーン、換気をスマホからリモートで操作できる機能もありますが、試してみたところタイムラグが長く、殆ど使用する機会はなさそうです。 

「車両位置の確認」という機能で、自車位置を確認できる機能があり、盗難時などに自車位置が確認できるのは良いですね。ただし、iDriveで自車位置確認をOFFにすることが出来るので、この機能を使用されると追跡できなくなってしまいます。 

その他、Googleマップで検索した目的地を車両に送信してナビの目的地設定ができるので、この機能が個人的には1番便利だと思います。 この車両のiDriveは第6世代のNBTevoで、第3世代のNBTに比べて目的地検索が付近50Kmからの検索がベースになっていて使い難くなっつていたので、目的地設定は、ほぼこの機能を使用しています。 

蛇足になりますが、「connected Drive」の料金は、基本機能といえる「CONNECTED BOOSTER」というサービスで年間9900円(税込み)、「ドライバー・サポート・デスク」という目的地までのルートや飲食店情報などを運転中にドライバーに代わって様々な情報を調べてくれるサービスが年間16200円(税込み)、「USBマップ・アップデート」という車両のナビゲーションシステムに最新の地図データを取り込むための機能が年間6900円(税込み)です。 

その他、「BMWリモートサービス」「Apple CarPlay」「BMWコネクテッド・ドライブ・サービス」「BMW SOSコール」「BMWテレサービス」というサービス体系になっていて、自車の場合はこれらのサービスは契約期間未期限となっています。 

「BMWコネクテッド・ドライブ・サービス」というサービスには「BMWオンライン」と「BMW Apps」という機能があり、「BMWオンライン」は新車購入後3年間利用可能となっていて、4年目以降は毎年「CONNECTED BOOSTER」を契約する必要があるようです。 

この「CONNECTED BOOSTER」で利用できるサービスは「BMWオンライン」の他、「リモート3Dビュー」「オンライン音声認識」「Connected Navigation」「BMWリモートサービス」になっているようですが、自分の場合は何れもなくても問題なさそうです。 「USBマップ・アップデート」は1年契約で、2回か3回のアップデートが期待できるので、2024年版がリリースされた時点で購入してみる予定です。
 

「MY BMW」スマホアプリの使用レビュー


関連記事

BMW X3(G01)カスタム①キドニーグリル内丸見え問題の解消とドアミラーカバー交換
BMW G系コーデイング BimmerCode導入とE-SYSのバージョンアップ成功
G01 BMW X3 納車整備④日本語化に成功したISTAで車両チェック
G01 BMW X3 納車整備③純正ドラレコのファームウェア更新と駐車監視バッテリー接続
G01 BMW X3 納車整備①足回り点検と冬タイヤ適合確認
G01 BMW X3 納車整備①エンジンオイル交換
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰②(オーディオ関係他)
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰①(NBT→CIC)
BMW 12.3インチAndroidモニターのバージョンアップと機能紹介
BMW Androidナビの映像を後席モニターに出力!
スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿

BMW iDrive6(NBTevo)スクリーンミラーリングの動作検証

愛車のBMW X3(G01)は第6世代の通称「NBTevo」と呼ばれている「iDrive6」搭載車両 です。この「iDrive6」にはオプションで「CarPlay」が実装されています。 「 CarPlay」ではiPhone上の動作アプリが制限されており、「YOUTUBE」や「Am...