2024年2月12日月曜日

BMWコーディングで愛車が不動車に?

愛車のBMW X3(G01)に社外品のアンビエントライトを装着した際に、iDriveからアンビエントライトの制御を可能にするために「E-SYS」でオプションコード「4UR」をVOに追加して、「BDC_BODY2」と「HU_NBT2」を初期化のコーディングしました。 

コーディング後に「ISTA」で車両診断した所、非純正のアンビエントライトコントローラのものと思われるネットワークのワーニングエラーが表示されるようになっていました。ワーニングエラーなので問題ないと思いますが、他の機能に影響があるかも知れないので、一度「4UR」をVOから削除して、「BDC_BODY2」を再度、初期化コーデイングしてみました。 
その後、「ISTA」で車両診断した所、ワーニングエラーは残った状態で、画像の6つの通信エラーが検出されるようになり、「4UR」を元に戻して初期化コーディングしてもエラーが消えない状態となってしまいました。 

①S 0270 以下との通信が不能:トランスファーギアボックスコントロールユニット 
②S 0380 以下との通信が不能:クラッシュセーフティモジュール 
③S 0389 以下との通信が不能:オプション装備品システム 
④S 0392 以下との通信が不能:エンジンエレクトロニクス 
⑤S 0395 以下との通信が不能:ダイナミックスタビリティコントロール(DSC) 
⑥S 0399 以下との通信が不能:電気機械式サーボステアリング(EPS) 

これらのエラーはワーニングレベルでなく、エラーの内容からこれでは不動車になってしまうと色々と試行錯誤してもエラーが消えず、どうしたものかと途方に暮れてしまいました。 冷静にエラー内容を良くみると、何れも通信エラーでiDriveの車両ステータスには異常なしと表示されるので、モジュール自体の異常ではなさそうです。

「E-SYS」でSVTを読み込むと、表示されないモジュールがあり、通信系のエラーのようです。 ネットで調べてみた所、いくつかのエラーはバッテリー劣化で起きるようで、確かに「ISTA」の車両診断で「不明なバッテリー電圧」の表示があったので、バッテリー充電器の電流をMAXの15Aに上げて、車両診断してもダメでした。 

更に、ネットで調べた所、同様のエラーで「SVT」のバックアップをE-SYSの「VCM」で車両にセーブすると回復するという情報を見つけました。「SVT」のバックアップがないとお手上げのようで、幸いなことに「E-SYS」も自動バックアップで「SVT」のバックアップを見つけました。 

藁にもすがる心境で「E-SYS」で「SVT」のリストアをしてみた所、「ISTA」の車両診断でエラーが表示されなくなりました。原因は「E-SYS」をバージョンアップした際に、オプション設定の下記2か所のチェックを外していなかったためのようです。 

これらはコーディング後に「VCM」「MSM」に「TAL」を再計算した情報を反映するオプションのようで一見すると整合性が保たれそうですが、「E-SYS」でコーディングする場合は、必ずチェックを外すように注意喚起されています。 

①Update VCM after TAL execution 
②Update MSM after TAL execution 

また、コーディングや車両診断時のバッテリー電圧にも注意が必要で、エンジンOFFで診断モードにするため、ディーラーでは外部から専用機器で電流供給した状態で実施するようです。 エンジンOFF時でも20A(240W)程度の電力消費があるようで、バッテリー充電器で6Aで電流供給していましたが、電流不足で電圧降下していたようです。15Aでも足りない可能性がありますが、十分に充電した状態でコーディング、車両診断した方が良さそうです。
 

BMWコーディングで愛車が不動車に?


関連記事

BMW X3(G01)にDPFクリーナー「スートル」を入れてみた
BMW X3(G01)のDPFクリーニングをDIYで施工
BMW純正ナビ2024年版の地図に更新
BMW X3(G01)冬タイヤ交換に合わせてブレーキフルードをDIYで交換
360度録画ドラレコと駐車監視用バッテリーをDIYで設置
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(センターコンソールLED追加編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(ドア内部配線・完成編)
BMW X3(G01)カスタム②アンビエントライトDIYレトロフィット(動作確認・配線編)
BMW X3(G01)カスタム①キドニーグリル内丸見え問題の解消とドアミラーカバー交換
BMW G系コーデイング BimmerCode導入とE-SYSのバージョンアップ成功
G01 BMW X3 納車整備④日本語化に成功したISTAで車両チェック
G01 BMW X3 納車整備③純正ドラレコのファームウェア更新と駐車監視バッテリー接続
G01 BMW X3 納車整備①足回り点検と冬タイヤ適合確認
G01 BMW X3 納車整備①エンジンオイル交換
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰②(オーディオ関係他)
車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰①(NBT→CIC)
BMW 12.3インチAndroidモニターのバージョンアップと機能紹介
BMW Androidナビの映像を後席モニターに出力!
スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿

【VW POLO(6R)】エンジンオイル交換他24か月点検

嫁のVW POLO(6R)が今年7月に車検を迎えます。今回もユーザ車検にする予定ですので、24か月点検を少しずつ始めています。 前回は車検毎に交換しているブレーキフルードを交換して足回りの点検を行い、 今回は、エンジンルーム点検とオイル交換です。エンジンオイルは前回と同じC3規...