2019年4月15日月曜日

BMW X3(F25) DIYでルームランプ他をLED化

BMW X3(F25)のルームランプ他の電球を全てDIYでLED化したので、その取付方法と夜間点灯確認の動画を撮影しました。

内張外しとマイナスドライバーがあれば作業可能ですが、取外しの時にプラステックの爪を破損しないように慎重に行う必要があります。

あまり明るすぎない電球色(ペールイエロー)のLEDにしたので、見た目は殆ど変わりませんが電球より明るくなり、消費電力も大分少なくなりました。因みに、コーディングなしでエラー等やチラつきは発生していません

使用したLED電球

使用したLED電球は、電球色のT10電球型が13個、スポットライト用の明るめT10電球型が4個、バニティミラーランプのT10×37mmバー状型が2個です。
使用したLED電球のスポンサーリンクを貼っておきますので、ご参考にして下さい。 

・カーテシーランプ:ユニット交換タイプ×4個
・フットランプ:前席2か所、後席2か所で4個(T10型LED)
・トランクルーム:左右2か所で2個(T10型LED)
・ルームランプ:前席1か所、後席2か所で3個(T10LED)
※前後スポットライト4個は手持ちの明るめのT10LEDを入れています。
・バニティミラーランプ:左右で2個(T10×37mm)

交換手順




カーテシーランプ

ドアを開けた時に点灯するカーテシーランプの交換です。ユニット一体型のかなり明るいものに変更したので、夜間足元を良く照らしてくれます

内張外し、またはマイナスドライバーで車体後方側から押し込みながら下へ引いて取外します。この部分はライトユニット一体型なのでコネクターを外して交換して元に戻します。

前席フットランプ

カーテシーランプと同形状のユニットですが、明かす過ぎない電球色のT10型LEDに交換しました。 内張外し、またはマイナスドライバーで手前側から押しながら下へ引いて取り外します。T10電球をLEDに交換して元に戻します。

後席フットランプ

前席と同じく明かす過ぎない電球色のT10型LEDに交換しました。交換方法は前席フットランプと同じです。動画では省略していますが、トランクルームも同じです。

後席ルームランプ

後席のルームランプも明かす過ぎない電球色のT10型LEDに交換しました。スポットランプは少し明るめのものにしました。

内張外し、またはマイナスドライバーで車体前側から強く押しながら下に引いて取外します。金属の強い爪になっているのでカチ音がするまで強く押すのがコツです。

前席ルームランプ

後席と同じく明かす過ぎない電球色のT10型LEDに交換しました。スポットランプは少し明るめのものにしました。 内張外し、またはマイナスドライバーで隠し蓋を外します。

金属の爪が見える穴にマイナスドライバーを差し込んで内側に爪を抑えながら側面を浮かせます。 両側を浮かせたら、動画では省略していますが、車体前方の2か所の爪を外して、ライトユニットを前方に押すようににて取外します。LED電球に交換して元に戻します。

バニティミラーランプ

バニティミラーを開けると点灯するバニティミラーランプも電球色のLEDに交換しました。この電球は形状が異なりバー状の両端に電極があるタイプです。

サンバイザーを下げて、ランプユニットを内張外し、またはマイナスドライバーで車体前側から軽く押しながら下に引いて取外します。電球を交換して元に戻します。

夜間点灯確認




関連記事

CarplayでGoogleMapが使える!?
ナビSSD化とAndroidナビ導入
Bluetooth他DIY追加
コーディング
BMW X3(F25) COMBOX Retrofits

スポンサーリンク


0 件のコメント:

コメントを投稿

「ディーゼルウエポン」をBMW X3(F25)に入れてみた

愛車のBMW X3(F25)は2リッター4気筒のクリーンディーゼル車です。 ディーゼルエンジンは圧縮比が高く高圧のインジェクターから軽油を燃焼室に吹いて爆発させるため振動やカラカラ音がガソリン車より大きくなる傾向 があります。 インジェクターは精密部品で特にガソリン車でも 直...