2021年1月11日月曜日

新型コロナ対策で非接触体温計と血中酸素濃度計(激安)を入手

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、1都3県で緊急事態宣言が発出されました。 昨年の緊急事態宣言に比べて規制範囲は大幅に少なくなっており、結局のところ個々人の感染対策によることになりそうです。  

県を跨る移動や日中の外出自粛は規制されていないようですが、大人数が密集する場所は特に避けるようにしていきたいと思います。 外出せざるを得ない場合に体温測定をしているのですが、手持ちの接触型体温計では計測に時間が掛かるので非接触型の体温計を導入しました。

入手したのは、AliExpressで血中酸素濃度計と非接触体温計のセット約一千円と年末特売で激安になっていたものです。 血中酸素濃度計は、万が一発熱があった場合に計測することで肺炎の症状があるのか確認できるようで、指を挟むだけで計測できる簡易的なものです。 

両方とも電池は付属しておらず、手持ちの単4電池(それぞれ2本必要)をセットして動作確認しました。 非接触型体温計の測定誤差を確認するために手持ちの接触型体温計と比較してみましたが誤差は殆どないようです。  

血中酸素濃度計は指の位置で計測できない場合がありますが、指の位置を調整することで計測できました。 血中酸素濃度の精度は確認する方法がないですが、脈拍数も表示され体調管理の目安にはなりそうです。  

因みにAmazonでも結構安いものが販売されていますが、殆どが中国製と思われますので納期は掛かるもののAliExpressで購入しました。 難点は年末だつたこともあり到着まで約3週間掛ったことと、簡易梱包のためか血中酸素濃度計の方が変形していたことです。  

昨年からAliExpressでの購入を始めたのですが、Amazonのように段ボールで梱包されておらず輸送中の破損リスクがあるようです。 今回は、変形している部分を修正でき計測機能には問題なかったので返品などはしませんでしたが「紛争処理」で返金申請は可能なようです。  

AliExpressではAmazonのように返品方法が確立されていないようで「返金申請」時に購入先から返品要求があった場合には個別に対応が必要となるようです。 こういったリスクを勘案して高価なものは特にメリットとデメリットを良く検討して購入したほうがよさそうですね。

 

新型コロナ対策で非接触体温計と血中酸素濃度計(激安)を入手

 

スポンサーリンク
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

北側窓の断熱対策でハニカムシェードをオーダしてみた

関東でも雪予報がでるようになり寒くなってきました。 コロナ禍が収束せず寒い中こまめな換気が必要になるので、窓の断熱性能を上げることで直ぐに部屋が温まることを期待して 昨年末に北側洋室の腰窓にポリカーボネートパネルの2重窓を設置 しました。   寝室に使用している部屋の北側窓も同じ...