2023年5月16日火曜日

BMW X3(F25)レーダ探知機入替(COMTEC ZERO-707LV)

今年も「春の全国交通安全運動」の時期になりました。愛車のBMW X3(F25)でCOMTECのレーダ探知機「ZERO 703V」を使用していました。安全運転を心がけており、うっかり速度超過のお守りとしての利用です。 

近年、この探知機では検知できない移動式レーダー(光)が配備され、取締りGPS情報に載っていない場所での取締り対策として、ユピテルのレーダー取締り探知機「LS-10」を併用していました。 

よく行くゴルフ場のエリアに移動式レーダーによる取締りが増えているとの情報が有りますが、地域によって新型の導入が異なるようでレーダー探知機が反応したことはありません。 そこで、COMTECのレーザー対応の探知機「ZERO 707LV」のリコール対応済のものを中古で入手して、ユピテルのレーダー探知機と併用してみることにしました。
「ZERO 703V」ではレーダー探知機の電源はOBD接続で、車速や電圧、アクセル開度他をデジタル表示して、HUD(ヘッドアップディスプレイ)代わりに使用していたのですが、 iDriveユニットのNBT換装後にOBD接続では電源が入らなくなり、OBDの電源導通を確認しても問題無く、機種変更で解決するかも知れないという期待もありました。 

嫁のポロ(6R)には同じCOMTECの「FX-07」という古い機種を使用しており、WiFiでの取締りGPS情報更新が出来なくなっていたので、「ZERO 703V」を移植したかったことも動機の1つです。 COMTECは電波法違反の疑いでレーダー探知機の大規模リコールしており、その後市場がから撤退してしまいましたが、取締りGPS情報の無料更新サービスが継続されています。 

COMTECの同じシリーズへの機種変更ですので、配線や台座は「ZERO 703V」のものをそのまま使用できます。最初はOBD接続を試しましたが起動せず、外車用の外部電源接続も試しましたがNGでした。 NBT換装でZGWユニット交換しており、CANからCAN2に信号を変更していることが原因かも知れないと思い、OBDのCAN-H、CAN-LのピンをCAN2信号に変更してもダメでした。 

また、入手した「ZERO 707LV」にはWiFi対応の純正SDカードが付属していたのですが、WiFi接続が不安定で取締りGPS情報更新時にエラーが出て更新失敗してしまう状態でした。 そこで、互換性のある東芝のWifi対応SDカード「FlashAir W-03」の中古を入手して、COMTECのサイトで入手できる「Radar SD Creator」でSDカードを初期化してWiFi対応の「WSD16G-707LV」でデータ作成しました。 

最初は、既存の純正SDカードのデータをPCでコピーしたのですが、「ZERO 707LV」本体で認識せず、「Radar SD Creator」でSDカードを作成したところ、無事認識して取締りGPS情報もWiFiで更新できるようになりました。 

因みに、この「Radar SD Creator」は64BitOSのPCではダウンロードに失敗するようで、COMTECのサポートに問い合わせても解決せず、試しにアイコン右クリックタブの「管理者として実行」で実行したら、ダウンロードできるようになりました。 

OBD接続の方は解決できませんでしたので、付属のシガーソケット電源で電源供給しており継続調査です。残る原因と思われるものは電圧の問題位ですが、何か情報をお持ちの方がおられましたらコメントお願いいたします。


BMW X3(F25)レーダ探知機入替(COMTEC ZERO-707LV)



関連記事

レーザー(光)探知機「SUPER CAT LS10」を導入してみた


スポンサーリンク
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

BMW iDrive6(NBTevo)スクリーンミラーリングの動作検証

愛車のBMW X3(G01)は第6世代の通称「NBTevo」と呼ばれている「iDrive6」搭載車両 です。この「iDrive6」にはオプションで「CarPlay」が実装されています。 「 CarPlay」ではiPhone上の動作アプリが制限されており、「YOUTUBE」や「Am...