2023年10月3日火曜日

車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰②(オーディオ関係)

愛車のBMW X3(F25)を現行モデルG01型に入替えるのに当たり、残暑の中、丸3日以上掛けて下取り車の現状復帰を行いました。 前回、換装していたiDriveをNBTからCICに戻して無事動作確認できた情報をお伝えしました。次に難易度の高いオーディオ関係の現状復帰の情報を忘備録を兼ねて記事にします。 

下取り車のオーディオは、6スピーカの標準オーディオでiDrive内蔵アンプ駆動のものでした。ツイーターが無く高域が出ていないのと、シート下ウーハーとドアスピーカが直列接続で低音がブーミーなお世辞にも良い音とは言えないものでした。 そこで、何度かの段階に分けて、アンプ内蔵DSP、ドアスピーカ交換・デッドニング、ウーハー交換・駆動用アンプ追加などを行い、かなり好みの音が出るようになり満足していました。 

購入したG01型はオプションの「harman/kardonサラウンド・サウンド・システム」を搭載しておりDSP付600Wアンプ、9チャンネル・16スピーカーとスペック的には十二分なものです。 下取り車から取り外したDSPは4チャンネルの標準オーディオ用のもので、流用はできそうも無いですが、中古としてオークション出品も可能なので、iDriveと合わせて現状復帰することにしました。
DSP取り外しの様子は動画を撮れていませんが、iDriveの現状復帰と合わせて、ヘッドユニット背面のビッグコネクターのDSP専用割り込み配線を取り外すのがメインで、別途追加していたスピーカコードやバッ直電源、キャパシターなどを取り外しました。 

シート下ウーハーは座席を取り外して行う必要があり、結構大変ですが、駆動用アンプを接続するため、純正の直列コネクターを外している状態でしたので、合わせて元の16インチスピーカに戻しました。 

最後に前後のドアスピーカを元に戻すため、ドア内張を外して、スピーカ固定用の3本のトルクスネジを外して、オリジナルのスピーカに戻しました。追加していたスピーカコードもオリジナルのスピーカコードに戻して、内張を元に戻すだけです。 ドア内張とスピーカ周辺に施工したデッドニングは、再利用できないのでそのままにしました。オリジナルスピーカに戻した状態でも音質が良くなっている気がしたのは、残したデッドニングの効果かも知れません。 

その他、レーダー探知機やドライブレコーダー他の社外電装品と備品を取り外し無事、現状復帰完了です。現状復帰に当たっては、車両側の部品を破損しないように注意する必要がありますが、追加配線撤去時にシガーソケット電源をショートさせてしまい、ヒューズ交換で事無きを得ました。 ちなみに交換したヒューズは、グローブボックス奥の54番ヒューズです。他にもシガーソケットのヒューズは65番、108番、147番、176番と沢山あるようですが、殆どの場合はグローブボックス奥の54番が切れることが多いようです。

車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰②(オーディオ関係)


関連記事

車両入替(BMW X3 F25→G01)に当たり下取り車両の現状復帰①(NBT→CIC)
BMW 12.3インチAndroidモニターのバージョンアップと機能紹介
BMW Androidナビの映像を後席モニターに出力!
スポンサーリンク
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

車のアルミテープチューニングを施工してみた

数年前に流行した アルミテープチューンを施工してみました。帯電した静電気を空気中に逃がして空気抵抗や電装系への悪影響を軽減する効果を期待できるよう です。前車のBMW X3(F25)でも施工していたアルミテープチューニングは走行上の体感できる効果は殆ど無いのですが、静電気の蓄積が...