2020年9月4日金曜日

ガレージ電動シャッターの防水リモコンと停電対策

先日、DIYで施工したシステムデザインさんの「スマートガレージガレージシャッター電動化KIT」のブログ投稿などのお礼として専用防水リモコンをいただきました。 いただいた専用防水リモコンを購入する場合は1chタイプが税込み8.8千円、2chタイプが税込み11千円です。


当然ですが、この専用防水リモコン単体では動作しません。スマートガレージガレージシャッター電動化KIT」、または「ワイヤレスコンバーター」を設置済である必要があります。因みに「ワイヤレスコンバータ」とはシャッターメーカー製の純正リモコン情報を、このリモコンに接続設定で初期設定(学習)させて使用可能にするものとの事です。

早速、設定して動作確認しました。設定するのにあたり設定済のスマホアプリが必要です。スマホのアプリでリモコンに付属のバーコードを読み込んで設定コピー完了です。 リモコンのチャンネル切替ボタンを長押しすると設定モードになるので15秒以内にスマホとペアリングして設定をコピーするだけです。

動作確認したところ、スマホアプリより反応が早く使い易いです。車に乗った状態でシャッターを開閉する場合、スマホの操作は煩雑なので専用リモコンは重宝しそうです。 ただしBluetooth電波はスマホ(iPhone)の方が強いようで、スイッチボックスの真上の2階からスマホでは開閉できますが、防水リモコンではNGでした。 

リモコンは高さ 約6.5cm、幅 約4cmと少し大きめですが、操作ボタンも大き目なのでブラインドでも操作できそうで利便性は高かそうです。 また、キーホルダー用の穴が開いているので車のキーと一緒にキーホルダーに付けて持ち歩けるようにしました。



電動シャッターの停電対策(UPSでバックアップ)


停電時の防犯カメラのバックアップ用に設置したバッテリーを大容量化したUPSに電動シャッターの電源を接続しました。停電時は手動で開けられるとの事ですが電源で開けてられた方が確実です。

UPSの設置場所と電動シャッター電源の場所が離れているので10mの屋内用電源延長コードに防水テープを巻いて接続しました。 UPSの商用電源を抜いて、仮想停電状態で開閉してみましたがバッテリー残量は殆ど変わらず、1日1回の開閉なら長期停電時でも1週間程度は持ちそうです。

UPSにはサージ機能も付いているので、万が一の落雷で商用電源に大電流が流れた場合に電動シャッターのスイッチやモーターを保護してくれそうです。



関連記事

ガレージシャッターをDIYで電動化
ガレージシャッターの電動化前メンテナンス他
ガレージシャッターの電動化NG
ガレージリフォームとコンプレッサー他ツール追加
ガレージの防犯カメラをUPSに接続(期待バックアップ時間12H)
通信機器バックアップ用UPSの見直し(期待バックアップ時間10H)
UPSの電源アース配線
発電機の定期運転と消音BOXの効果確認
発電機とガソリン携行缶
発電機のDIY消音BOX作成
雨水タンクをDIY設置
防災用品をチェックしてみた
停電・落雷対策で中型UPSを追加導入
ガラス飛散防止他の震災対策
震災時のライフライン確保
太陽光発電
DIYバッテリーBOX(完成編)
DIYバッテリーBOX(並列接続編)
DIY非常用電源の完成

スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿

2500円の格安防犯カメラを設置してみた

以前に宅配BOX設置に合わせて、パナソニック製のネットワーク防犯カメラを導入 しました。 この防犯カメラはホームユニットという親機にカメラ4台まで接続可能で宅配BOXを設置した1階入口付近、2階玄関前、ガレージ、庭の4か所にカメラを設置しています。   外階段の下に普段殆ど出入り...