2023年1月17日火曜日

BMW X3(F25)ドアミラーカバーをカーボン製にDIYで交換

昨年、愛車のBMW X3(F25)のドアミラーのアルミ製部品が破損してしまい、e-Bayで見つけた対策部品にDIYで交換して修理しました。 修理の際に何度か、ドアミラーカバーを脱着したことで、カバーを固定する爪を破損してしまい、破損部分をエポキシ接着剤で修理して様子見していました。 

先日、ドアミラーカバーを点検したところ、少しガタ付きがあり脱落する恐れがあり、カバー自体を交換することにしました。 元々、純正のドアミラーカバー保護のため、純正カバーの上に両面テープで固定するカーボン製のカバーを装着していたのですが、ヒビ割れが出ていたことも交換の動機です。
AliExpressでカーボン製のドアミラーカバーを探してみたところ、両面テープで固定するものは1万円程度、交換式のものは2万5千円程度と円安のためか結構値段が上がっていました。 カーボン製でなければ、交換式のものが左右セットで約1万円位ですが、折角交換するのであればカーボン製のものにしたく、様子見にしていました。 

そんな中、ヤフオクで交換式のカーボン製ドアミラーカバーが2万円以下で出品されているのを見つけたので、迷わず落札しました。 因みに2023年1月時点では、円安が落ち着いてきたためか、AliExpressでも交換式のカーボン製ドアミラーカバーが2万2千円程度で販売されています。 

ヤフオクで落札後1週間程度で商品到着したので、海外からの配送で恐らくAliExpressでも販売されている中国製のものと思われます。 梱包は段ボールと干渉材で厳重にしてあり好印象でしたが、例により説明書などは一切ありませんでした。この辺りは想定内のことでしたので問題なしです。 

純正のドアミラーカバーと爪の位置などの比較をしてみましたが、問題なさそうでしたので仮組してみた所、爪の嵌めあいも大丈夫です。 後は、思い切ってドアミラーカバーを押し込んで固定するだけです。根本側や先端側の浮きもなく、しっかり固定できましたが先端側が1mm程度浮いた状態です。 

取付け時にズレた可能性もあり、調整しようとしましたが爪がしっかり噛み合っていて調整はできないようです。反対側も交換した所、やはり先端側が1mm程度浮いた状態でした。 この1mm程度の浮きに、衣服などが引っ掛かるようだと問題ですが、ギリギリ引っ掛かることは無さそうでしたので、この辺りは自己責任ですので良しとしました。

BMW X3(F25)ドアミラーカバーをカーボン製にDIYで交換

BMWのドアミラーがもげた!DIYで応急措置
BMWフロントドアインナーパネルをDIYでデッドニング

スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿

飛び系アイアンの飛距離階段問題を解決(APEX単品AW追加)

先日、ゴルフクラブセットのアイアンを2019年モデルのキャロウエイAPEXアイアンに入替えにあたり、 クラブスペックを再度確認しました。 チョイ飛びアイアンのロフト角設定で7番アイアンが30.5度とクラシックロフトの33~34度に対し約1番手ロフト角が立って います。  アイアン...